今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「絶対、最強の恋のうた」 中村航

<<   作成日時 : 2006/11/12 15:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 8

絶対、最強の恋のうた
中村 航著
小学館 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
恋はスタンプカードのようなものだ、と私は思う。このカードはいつか、かけがえのない何かと交換できる。そんな日がきっとくる−。ロングセラー「100回泣くこと」の著者が描く最強の恋愛青春小説。


最強の恋愛青春小説。と謳われてますが、どっちかというと「青春」の色のほうが強い、そんな話です。
某大学で出会った大野くんと彼女(←この子名前がちゃんと出てこなかった気が)。
付き合い始めて浮かれてた二人は、ほかの事を何もかも放り投げて二人で会ったり話したりを最優先に行っていたところ、当然のことながら生活その他に支障が出始め。
「このままじゃつきあっていけない」と言う彼女に、大野君がした提案とは?
……ってことから話は始まり。
そして付き合っているこの二人それぞれの視点で、つきあう前から、つきあって半年くらい経つまでの日々のことが描かれます。

大野くん側のストーリーには、以前読んだアンソロジー「I LOVE YOU」の中村さんの短編のエピソードが入ってまして。「おお、あの話はこんな広がりをみせるのか…!」とちょっとおどろきでした。アンソロジーに入ってる短編って、こういう風に後で発表されたりするのね。
大野君の友人である坂本と、その先輩である木戸さんとの週1鍋パーティーのエピソードが描かれてます。この木戸さんのキャラ、強烈だわ……。

彼女側からのストーリーは、大野君とのデートの日以外のバイトの話であるとか、弓道の話。それから彼女の中学・高校生時代のエピソードが描かれます。

恋人同士、会ってるときは二人時間を共有しているけれど、共有していないときの時間ももちろんあって。この二人はその一人ずつの時間も大切にしているところがよいなあと。
…それは最初の約束を、間違わなかったからこそ得たものなんでしょう。

なーんてことない話なんですが、青春ですよ。うん。そしてさわやかな恋愛小説です。
ああ、あたしも大野君と彼女みたいな恋愛がしたいよぅ。

最後の最後にちょこっとだけ描かれる友人・坂本のその後の話もよいです。
坂本、幸せになれよ。

中村航さんのカラーがよく出てる作品だと思います。

<AISBN:4093861773>絶対、最強の恋のうた</AISBN>
絶対、最強の恋のうた

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「絶対最強の恋のうた」中村航
絶対、最強の恋のうた 中村 航 ...続きを見る
ナナメモ
2006/11/15 23:19
絶対、最強の恋のうた 中村航
装画は宮尾和孝。装幀は川村哲司。 第39回文藝賞を受賞デビュー。第26回野間文芸新人賞を受賞。主な作品、“始まりの三部作”の「リレキショ」「夏休み」「ぐるぐるまわるすべり台」。「100泣くこと」など。アンソロジ& ...続きを見る
粋な提案
2006/11/16 11:34
絶対、最強の恋のうた / 中村 航
読み物の感想を書くブログを作りました。 恋愛小説好きの管理人、こをぢです。 今回 ...続きを見る
こをぢのをと
2006/12/01 05:39
「絶対、最強の恋のうた」中村航
絶対、最強の恋のうた ...続きを見る
本のある生活
2006/12/05 12:30
絶対、最強の恋のうた [中村航]
絶対、最強の恋のうた中村 航 小学館 2006-10-26 ある日大学で出会った僕と彼女。二人が語る、二人の恋の物語、です。 ...続きを見る
+ ChiekoaLibrary +
2006/12/07 10:34
「絶対、最強の恋のうた」中村航
絶対、最強の恋のうた中村 航 (2006/10/26)小学館 この商品の詳細を見る 大学の試験に受かって、やっと春が来たと思った。そして僕は大学生にな&... ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2008/01/09 22:57
『絶対、最強の恋のうた』中村航 を読んで
絶対、最強の恋のうた (小学館文庫)中村 航 内容紹介 社会科教師のおでこのテカリ占いをしては大受けしていた陽気でマシンガンな中学時代からクールで一目置かれる弓道部員の高校時代を経て、大学生になった私がしたことは、恋をすることだった。遠くの的を見抜く力のおかげ.. ...続きを見る
そういうのがいいな、わたしは。(読書日記...
2008/12/23 14:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
まみみさん、こんばんは。

やっぱり彼女の名前でてこなかったですよね。
高校時代の友達が「ミート君」って読んでるのが唯一の呼び名。彼の方だって後のほうまで出てこなかったし。意図的なんでしょうかね?
弓道に興味を持ちました。やってみたいです。
なな
2006/11/15 23:19
さわやかでしたね。中村航さんのカラーって、こんな感じなのですね。“木戸さんと鍋”みたいな短編が、長編になるとこう変わるとは、驚きでした(笑)。やっぱり彼女の名前出てこなかったですよね。気になってます。
藍色
2006/11/16 11:47
>ななさん
こんばんは。彼女の名前、でてきませんでしたよね。故意になのかなぁ。そのうち他作品で「あ!」っていう種明かしがあったりするのか?と深読みしてしまったり。
わたしも同じく弓道やりたくなりました。実は以前から興味はあるんですが、なかなか実際できる場所ってのがないんですよね。
まみみ
2006/11/16 21:18
>藍色さん
中村さんのカラー、もし気に入られたようなら既刊作もおススメですよ。わたしは「リレキショ」とかも結構好きです(賛否両論ありますが…)。よろしければぜひ♪
まみみ
2006/11/16 21:19
アンソロジーの中の「突き抜けろ」は、これが恋愛小説??男の子の友情の話では?って思ったんですが、しっかり恋愛小説になってましたね。でも、青春色も濃くてよかったです。
実は弓やってました。和弓じゃなくて洋の方なんですが、精神統一の世界かと思いきや、ひたすら体力勝負!筋トレの毎日でした。今も広い背中と太い右手指に名残が・・(涙)。和弓も力いるんでしょうか。ハカマはいてみたいなぁ(←形から入る人)
june
2006/12/05 12:40
>juneさん
お、弓道経験者が。かっこいいー。…でもよく読ませてもらうと結構ハードな世界なんですね。エキスパンダーですら手がわななくわたしには無理な世界っぽいです。そう、あの袴姿に憧れますよね!(←同じく形から入る人)
まみみ
2006/12/05 20:06
坂本…いいですよね。ってもう大筋からはずれているわたくし。なんかアンソロジーの件を思い出せなかった時点で自分のお年寄り度に感心がいってしまい、若者っていいわね…的な視線になってしまった私でした。とほほ。
chiekoa
2006/12/07 10:37
>chiekoaさん
お話そっちのけで自分のお年寄り度に関心を寄せているその姿勢に笑わせてもらいました(笑)。いや、でもわかりますよ?同じ‘ハートはお年より’なので。いやいやいや…若もんはええのぉ…(遠い目)。
まみみ
2006/12/07 21:02
「絶対、最強の恋のうた」 中村航 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる