「宇宙で一番あかるい屋根」 野中ともそ

宇宙でいちばんあかるい屋根
野中 ともそ / 野中 ともそ作
ポプラ社 (2003.11)
通常24時間以内に発送します。



わたしが本を選ぶ基準は、日経木曜夕刊の書評欄、あとメルマガで紹介されてた作品、本屋でジャケ買い…といろいろあるんですが、この本はなんで読もうと思ったのかいまいちわからない。

一年くらい前に気になってたらしく、署名と著者名だけ書いてあったんだけど。
図書館で取り寄せてもらって、全然前置きなしで読んでみた。

ストーリーは、日常に閉塞感を感じている中学生の女の子が、ふとした拍子に知り合ったおばあさんとの交流を通じて、いろんなことに気づいていく…という、王道の児童文学?かな。
このおばあさん、通称「星ばあ」のキャラクターが強烈。
服装の趣味もさることながら、やることなすこと奇抜で強い!
なんだかんだ言っておばあさんに感化されて、変わっていく主人公。

ラストはちょっぴり切ないけれど、すがすがしい読後感でした。
おすすめ。

宇宙でいちばんあかるい屋根

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 宇宙でいちばんあかるい屋根 [野中ともそ]

    Excerpt: 宇宙でいちばんあかるい屋根野中 ともそポプラ社 2003-11 つばめは十四歳の女の子。ある日通っている書道塾のビルの屋上で、おかしなおばあさんと出会います。口が悪くて意地悪なそのおばあさん「星ば.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2005-07-26 11:18
  • 宇宙でいちばんあかるい屋根

    Excerpt: 野中 ともそ 宇宙でいちばんあかるい屋根 本の薄さと表紙に惹かれて買った本。 持ち運びに便利だからw これは、中学生の女の子とお婆さんのちょっと不思議で切ない話。 偶然出逢っ.. Weblog: 独り言。。。 racked: 2005-07-28 18:11
  • 野中ともそ『宇宙でいちばんあかるい屋根』(角川文庫)

    Excerpt: 野中ともそ『宇宙でいちばんあかるい屋根』を読んだ。 ああ、こういうのが流行りなん... Weblog: 書評風-読んだら軒並みブックレビュー racked: 2006-08-30 17:03