「太陽がイッパイいっぱい」 三羽省吾

太陽がイッパイいっぱい
三羽省吾著

出版社 新潮社
発売日 2002.11
価格  ¥ 1,365(¥ 1,300)
ISBN  4104568015

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1


amazonで紹介されてた…つーか,「あたしへ」おススメだって言われた。
今までの読書傾向のどこを見られてこれをすすめられたのかは謎だったけど
おもしろい作品だった。

内容は,三流私大に通うイズミくんが,大学に意味を見出せずにふと
入り込んだ土建屋(?)の仕事の日々,そこで知り合う人達との交流。

…おおまかにみると,青春小説に色分けされるんだろうけど。
なんつーか,そこに収まり切らないものがあった。
大阪のあっついおっちゃんに触れたいけど怖くて実際にはちょっと…
っていう人がいたらこの本をぜひ!読みましょう。

とび職とかラッパズボン履いてる大工の人達の悲喜こもごも。
外から見てるだけじゃわからない世界を見ることができておもしろかった。

汗かいて,お腹いっぱい食べて,酒くらって,寝る。
そんなシンプルな生活に憧れを持ってる人もぜひ。


太陽がイッパイいっぱい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ◎「太陽がイッパイいっぱい」 三羽省吾 新潮社 1300円 2002/11

    Excerpt:  米国作家フラナリー・オコナー(1925~1964)の横山貞子による新訳+全短編集ということで気になっていた『フラナリー・オコナー全短篇』筑摩書房上下巻各3600円が、図書館の棚に見向きもされず置いて.. Weblog: 「本のことども」by聖月 racked: 2006-05-19 07:48
  • 太陽がイッパイいっぱい [三羽省吾]

    Excerpt: 太陽がイッパイいっぱい三羽 省吾 文藝春秋 2006-09 バイト先の解体現場に人生のリアリティを見出した大学生のイズミ。巨漢マッチョ坊主カンや、左官職人崩れで女性に対し赤面症の美青年クドウ、リス.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-09-26 15:48
  • 「太陽がイッパイいっぱい」三羽省吾

    Excerpt: タイトル:太陽がイッパイいっぱい 著者  :三羽省吾 出版社 :文藝春秋 読書期間:2007/09/14 - 2007/09/15 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2007-11-09 11:51