「ハンサム・ガール」 佐藤多佳子

ハンサム・ガール
佐藤 多佳子作 / 伊藤 重夫画
理論社 (1998.7)
通常24時間以内に発送します。



内容説明
二葉は少年野球チームでただ一人の女の子。パパは元プロ野球選手で今は専業主夫、ママは単身赴任のキャリアウーマン、晶子おネエはボーイフレンドに夢中。へんてこな家族だけど、二葉は野球に全力投球。再刊。〈ソフトカバー〉

ええと,すみません(突然謝る)
この本は,わたしが佐藤多佳子さんと出会うきっかけになった本です。
なので読んだのは…かれこれウン年前なわけですが。
毎年一回は読み返したくなる作品です。…そして本屋で見かけるとついほしくなってしまう作品。


なんと言っても主人公の二葉と,お父さんのキャラクターがすごくイイ!
特にお父さん。こんなパパいたら,すぐさま結婚申し込みマスヨ?
家事大得意で気は優しくて元ハンサム。くー,いかす,いかすよ!!

話自体も,あたしがずーっと悩んでることに,一筋の道を示してくれるような内容でした。
「女の子でいいのか?」
「うちっておかしいんじゃないか?」
そんなこんなを,悩みながら,笑いながら。二葉は徐々に理解していきます。

こういう作品書かせるとマジうまいですな~>佐藤さん
最初はこのハイテンションな語り口に馴染めませんでしたが,慣れたらそれも味。

川原泉さんの「メイプル戦記」にも通じるところがあるかも。


野球をしてるすべての女の子に。
そして野球をしてなくても,自分自身に悩むすべての人に,おすすめです。


ハンサム・ガール

この記事へのトラックバック

  • [佐藤多佳子] ハンサム・ガール

    Excerpt: ISBN:4652074328:detail 小学五年生の二葉の家族は「えらくヘンテコリン」。元プロ野球選手にして、現在は専業主夫のパパ。大阪に単身赴任中、バリバリのキャリアウーマンのママ。BFに夢.. Weblog: +ChiekoaLibraly+ racked: 2005-06-09 15:02
  • 【感想】『ハンサム・ガール』佐藤多佳子

    Excerpt: 柳二葉は、女の子。元プロ野球選手の父に鍛えられ、コントロール抜群のサウスポーに Weblog: 本と暮らしの日記 racked: 2006-03-29 17:21