「しゃばけ」 畠中 恵

しゃばけ
しゃばけ
posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.28
畠中 恵著
新潮社 (2001.12)
通常2~3日以内に発送します。



内容説明
江戸の大店の若だんなで身体が弱くすぐ寝込んでしまう一太郎には、手代に身を替えた犬神・白沢などが身の周りに控えている。ある夜、ひとり歩きをした一太郎は人殺しを目撃して…。日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

やー,ファンタジーノベル大賞には時々アタリがありますけど,これもよかったです。
元々漫画家されてたそうですね,畠中さん。
どういう紆余曲折があって作家になられたかは存じませんが,おもしろかったです!(←ここで言っても)


大店の若だんなでありながら,もう本当に体が弱くてほとんどお店には
出られない一太郎。
そんな一太郎が小さい頃,祖父が連れてきた二人の少年。
その二人は人のような姿で実は人ではなくて…という,よくある古典妖怪
ミステリー物かと思ってたんですけどね。
話の大筋は不可思議な連続殺人事件なんだと思うんですが,そこに若だんなと向かいの店の菓子屋の息子の友情話あり,隠された過去の話あり。


シリアスな話なのに,主人公の若だんながひょうひょうとして,穏やかな
気質だからか読んでてあまり重くなりません。
周りのあやかしたちとのふれあいも楽しいし。


17歳の若だんなの身には,これからもたくさんのことが起こるでしょう。
そんなときにも,二人の力強い子分(?)とその強靭な精神力と知性で
もって,弱い体なんかに負けないで,きっと切り抜けていける。そう信じます。

読むとなんだか元気になれます。続編もあるらしいので楽しみです!


しゃばけ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 畠中恵 しゃばけ

    Excerpt: 初め書店に平積みされているのを見たとき、「ああ、今はやりの妖怪ブームにのっちゃって書いちゃったんだな~」くらいにしか思わなくて、手にすることがなかったのですが、いざ読んでみると、とてもとても面白い!!.. Weblog: 本とゲーム(徒然) racked: 2005-08-09 15:06
  • しゃばけ [畠中恵]

    Excerpt: しゃばけ畠中 恵 新潮社 2001-12 江戸の大店の若だんな一太郎は十七歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。そんな一太郎を守るべく、手代に身を替えた犬神・白沢、屏風.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2005-09-30 13:55
  • 「しゃばけ」畠中恵

    Excerpt: しゃばけ発売元: 新潮社価格: ¥ 540発売日: 2004/03売上ランキング: 5,133おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/05 すごく気にな.. Weblog: 本を読む女。改訂版 racked: 2005-12-11 04:17
  • しゃばけ

    Excerpt: しゃばけ 作者: 畠中 恵 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2001/12 メディア: 単行本 江戸の大店の若だんな一太郎は17歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝.. Weblog: 夢庵 racked: 2006-05-06 22:06
  • しゃばけ*畠中恵

    Excerpt: ☆☆☆・・ しゃばけ畠中 恵 (2001/12)新潮社 この商品の詳細を見る 江戸の大店の若だんな一太郎は17歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。そんな一太郎を守る.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2006-10-11 07:10
  • 「しゃばけ畠中 恵

    Excerpt: しゃばけ畠中 恵 (2004/03)新潮社 この商品の詳細を見る 長崎屋の病気がちな若旦那の一太郎は、手代に化けた犬神・白沢の妖に守られて生きてきた。 しかし猟奇事件に巻き込まれ、一太郎は妖達を.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-02-17 17:01
  • 畠中恵: しゃばけ1

    Excerpt: 第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作品 【覚書】★★★★★★★★☆☆ 題名の「しゃばけ」は「娑婆気」から。俗世間における、名誉・利得などのさまざまな欲望にとらわれる心(国語大辞典「言泉」小.. Weblog: 時代小説県歴史小説村 racked: 2008-03-23 20:53