「ロマンス小説の七日間」 三浦しをん

ロマンス小説の七日間
三浦 しをん / 三浦 しをん著
角川書店 (2003.11)
通常24時間以内に発送します。



三浦しをんさん,直木賞エントリーされましたね。
自分の好きな作家さんが世間に認められるのは嬉しいものです。
いや,世間が認めなくても好きなものは好きですけどね?(支離滅裂気味)。

さて,この作品。
三浦さんの作品では珍しい恋愛小説です。
しかも主人公のあかりが翻訳者で,その翻訳してる小説(途中で暴走してますが)も楽しめ,
かつ,あかりを取り巻くいろいろも語られ…とまさに「一粒で二度おいしい」作品です。

ハーレクインって,実は一冊も読んだことないんですが。
もう読もうという気すらおこってなかったんですが,この作品読んでちょっと読みたくなりました。
全部が全部こんななのかなぁ。
予定調和の楽しさ?
全巻揃える猛者も結構いるらしいですね。

このシリーズって図書館入ってるんだろうか…
それともひそかに古本屋の1冊十円コーナーを漁ったほうがいいんだろうか。
どちらにしろなんだか気恥ずかしい。
エロ本を買う男子中学生ってこんな感じ?!(←たぶんかなり近いと思われ)

ロマンス小説の七日間

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ロマンス小説の七日間 [三浦しをん]

    Excerpt: ロマンス小説の七日間三浦 しをん 角川書店 2003-11 あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、翻訳に奮闘しているあかりに、ボーイフ.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-08-09 18:04
  • ロマンス小説の七日間*三浦しをん

    Excerpt: ☆☆☆・・ ロマンス小説の七日間三浦 しをん (2003/11)角川書店 この商品の詳細を見る あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-01-15 12:43
  • 「ロマンス小説の七日間」三浦しをん

    Excerpt: ロマンス小説の七日間 (角川文庫)三浦 しをん (2003/11)角川書店 この商品の詳細を見る あかりは海外ロマンス小説の翻訳中に、中世騎士のウォリックと女領主のアリエノールの恋物語の展開なんて.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-09-02 17:22