「くうねるところすむところ」 平 安寿子

くうねるところすむところ
平 安寿子
文芸春秋 (2005.5)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
30歳にして人生どん詰まりの梨央。一目惚れしたとび職を追いかけて飛び込んだ工務店では、亭主に逃げられた女社長がぶち切れ寸前。なにがなんだか大混乱。それでも家は建てなきゃいけない。だって、お仕事なんだもん…。


事前に読んでたキャッチコピーや書評で,この梨央という人の転職一代記かと
思ってたんですが,実際は,惚れた男を追いかけて土建屋に再就職した梨央と,
その土建屋社長の郷子,それぞれの視点から物語が描かれます。


実はあたしも憧れてました。建設業界。
ホワイトカラーだと,目の前の数字がどう現実化するか,とか
イマイチ達成感やらやりがいが薄い気がして。
体使って仕事して,人様に喜んでもらえる仕事をする。それっていいなぁ~と。


…まあこの本を読んでそんな甘いもんじゃないってのはよっくわかりました(笑)


建設業界に直接の知り合いがいないので,仕事の話だけでもだいぶ
おもしろかったです。
正直梨央の恋愛話(これがまた進まないのなんの)なんてどうでもいいくらい。
それに働くのも数年ぶりなら現場のことを何一つ知らない女社長の苦悩やら
なんやらいろいろと盛りだくさんでした。


盛りだくさん過ぎてちょっと描ききれてないか?と思う箇所もちらほら。
最後当たりの社長の心変わりなんて,おいおいここまで引き伸ばしておいて
そりゃないだろ!と。
…うーん,でもあれは社長の成長の証なのかな。
悪いところは悪いままだけど,少なくともちゃんと前を向けるようになったのは
かなりの進歩!


ラストは前向きで,いい終わり方だったと思います。
きれいにまとめたな,という感じでした。
平さんの作品は,前に読んだ「なんにもうまくいかないわ」があまりスキじゃ
なかったんですがこの作品は結構いい。また他の作品も読んでみたいな。

くうねるところすむところ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • くうねるところすむところ 平安寿子

    Excerpt: くうねるところすむところ平 安寿子文藝春秋 2005-05-25by G-Tools ★★★★☆ 出版社で副編集長をつとめていた、30歳の梨央は、一目惚れしたとび職の男性「ヒーロー」にあこが.. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-08-03 18:52
  • くうねるところすむところ ★★★★

    Excerpt: 平 安寿子 くうねるところすむところ 30才になる利央は求人広告の編集部に勤めで上司と不倫中。 最初は頼もしく思えた男だけど、次第に口先だけのどうしようもない男だと気づいてい.. Weblog: 右手に人生、左手に本 racked: 2005-08-23 09:56
  • 「くうねるところすむところ」平安寿子

    Excerpt: くうねるところすむところ平 安寿子30歳の誕生日に、上司で奥さんもいる彼にすっぽかされ、酔った勢いで忍び込んだ工事現場でトビに一目ぼれする梨央。梨央が働く事になった工務店の社長郷子は浮気した旦那と離婚.. Weblog: ナナメモ racked: 2005-10-27 00:00
  • くうねるところすむところ / 平安寿子

    Excerpt: ?30歳を迎え、不倫の恋に終止符を打ち新しい土建屋の仕事に燃える女。 45歳で離婚・突然の社長就任・一人娘の大学卒業とてんてこまいの毎日をやり過ごす女。 この二人が見つける未来を描く連作のような長.. Weblog: 書庫  ~30代、女の本棚~ racked: 2005-11-24 11:21
  • [平安寿子]くうねるところすむところ

    Excerpt: ISBN:4163239901:detail http://kanata-kanata.at.webry.info/200507/article_7.html 「くうねるところすむところ」平安寿.. Weblog: 図書館で本を借りよう~保管庫~ racked: 2005-12-29 19:47
  • 『くうねるところすむところ』/平安寿子 ○

    Excerpt: 水無月・R的平安寿子さんのイメージは、喰えない作家さんである。ツッコミ処満載の「ど~しょ~もない」かったり「なんじゃそりゃ~!」な恋愛に、乾いた苦笑いを否めないという、気軽に読める作家さんです。 ち.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-04-18 23:07
  • [女性][読書] 平安寿子の新刊は傑作

    Excerpt: 平安寿子、「くうねるところすむところ」 好きな作家なので新刊が出ると買うことにしているが、本作はとりわけ面白かった。小説として、これまでの作品より上という言い方は当たらないかも知れないが、非常に感情.. Weblog: よしのずいから racked: 2008-05-31 19:14
  • 食う寝るところ住むところ

    Excerpt: 平 安寿子(たいら あすこ)さんの小説が面白いです。 私が読んだ本は、 「Bランクの恋人」 「くうねるところすむところ」 の2冊です�... Weblog: 20代後半、サラリーマンのつぶやき racked: 2009-01-29 22:25