「オーデュボンの祈り」 伊坂幸太郎

オーデュボンの祈り
伊坂 幸太郎著
新潮社 (2003.12)
通常24時間以内に発送します。



内容説明
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?


伊坂さんのデビウ作なのに,なぜか読む順番がラスト近くになってしまいました。
図書館にないんだもんなぁ。
文庫頼んだつもりがでかいの来るし。むむう。

最初の作品ですが,もうこの頃から伊坂さんのテイストが随所に
感じられますね。
淡々としたキャラクター「桜」や,微妙にずれてる「日比野」など。
ああ,でもいかにも悪人のあの人は珍しかったかな…


まあ伊坂作品はとんでもない方向に転がっていったりすることはあまり
ないので,安心して読めます。
カカシが死ぬ,そのことはとんでもないんだけど,なんていうか読後感
悪~い方向にはならないというか。
最後はそうかそうか…(←意味不明)と本を閉じられるような。


「この島に欠けているもの」にはあああ!と思いました。
全然気がつかなかった…
熊のオヤジもあやしげなことしてっから。もっとこう,どかんとみんなに
広めてやりゃあいいものを。

読書友達(勝手にすみません)のちえこあさんも言われてるように,
伊坂作品は随所で微妙にリンクしてるので,古いもの→新しいものの順に
読むのが本当はいいんだと思います。

ただ,最初がこの作品だと読みにくいかな…?
読者に好評だった「チルドレン」あたりを読んで,それからさかのぼって
最初から読むっていうのもおすすめかも。


オーデュボンの祈り

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • オーデュボンの祈り

    Excerpt: オーデュボンの祈りposted with amazlet at 05.08.31伊坂 幸太郎 新潮社 (2003/11)売り上げランキング: 3,768Amazon.co.jp で詳細を見る 江戸時.. Weblog: 雑食レビュー racked: 2005-09-09 22:45
  • オーデュボンの祈り*伊坂幸太郎

    Excerpt: ☆☆☆☆・ 地図にも載らない誰も知らない島が仙台の沖にある。 轟という男以外は誰も島から外には出ない。 そして そこには100年以上前から 優午というカカシがいる。 価値観�.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2005-09-12 07:17
  • オーデュボンの祈り [伊坂幸太郎]

    Excerpt: オーデュボンの祈り伊坂 幸太郎新潮社 2000-12 コンビニ強盗未遂をし、捕まったパトカーから逃げ出した伊藤。意識を失い、ふと気がつくと彼は見知らぬ土地にいました。そこはどこからも忘れられたよう.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2005-09-12 11:01
  • 「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎

    Excerpt: オーデュボンの祈りposted with 簡単リンクくん at 2005. 5.30伊坂 幸太郎新潮社 (2003.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 伊.. Weblog: 本を読む女。改訂版 racked: 2005-10-06 12:18
  • オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎

    Excerpt: オーデュボンの祈り伊坂 幸太郎新潮社 2000-12by G-Tools ★★★★☆ いつでも結局は逃げる男、伊藤。コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察に追われる途中で意識を失います。 .. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-10-24 10:19
  • オーデュボンの祈り ~伊坂幸太郎~

    Excerpt: 伊坂幸太郎さんのデビュー作にして傑作 これがデビュー作って一体どういうこと{/eq_2/} いきなりこんな世界が書けるなんて この作品には伊坂幸太郎が詰まっていると思う 仙台からちょっと離れた島が舞.. Weblog: 時計仕掛けのオレ BY ザ・ワールド racked: 2005-12-26 03:00
  • 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」

    Excerpt: 伊坂幸太郎。 2005年は「死神の精度 」で直木賞候補にもなり、今ノリに乗っている作家さん。 強烈な個性を持った登場人物、そして新作に出会うたびに思わぬ展開を見せる引き出しの多さ。 彼の作品.. Weblog: イイオンナの為の「本ジャンキー」道 racked: 2006-02-09 02:03
  • 『オーデュボンの祈り』 伊坂幸太郎

    Excerpt: 存在を知られていない島に、しゃべるカカシ。 非現実な舞台で繰り広げられる不思議なできごとが、 徐々に徐々に繋がり、撚り合わされ、 一本の太い流れとなる。 中盤からはページをめくる手を止.. Weblog: *モナミ* racked: 2006-07-09 21:55
  • オーデュボンの祈り

    Excerpt: 友人の勧めで伊坂幸太郎の著書を読んでみたくなり、古本屋に行った。何冊かあった中からデビュー作の『オーデュボンの祈り』を買った。 Weblog: 古谷千秋の食い倒れ日記 racked: 2007-01-28 14:05
  • 「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎

    Excerpt: オーデュボンの祈り いまさらですが、とうとう読んでしまいました。読みたいな、読んだ方がいいんだろうなと思いつつも、ここまで暖めるとなんだか読んでしまうのがもったいなくて・・。 デビュー作から伊.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-03-10 23:09