「だれかのことを強く思ってみたかった」 角田光代

だれかのことを強く思ってみたかった
角田 光代著 / 佐内 正史著
実業之日本社 (2002.11)
通常2~3日以内に発送します。



内容説明
私たちはどのくらいの強度でここに立つのか。東京をめぐる短編と写真が、忘れかけていた記憶と無意味で空虚な現実とを奇跡的につなぐ。『JN実業の日本』の連載の単行本化。


今BK1見てびっくり。この本高いなぁ…
写真が多いからかな。文章はたいへん少ないです。
1時間ないくらいで読めちゃいます。

これ読んでると,東京も眺め方次第でいろんな見え方するんだな~と
当たり前のことを再認識。
写真もいいです。なんか郷愁をさそわれます。
東京!ってイメージはコギャルだったり渋谷だったり,なんかがちゃがちゃ
してでも時代の先端!!とか思われがちだけど
大部分はそうじゃあないんだよねえ。いろんな顔がある。

ざーっと読み返してみて,特に好きだったのは
「まわる季節」
「東京」
「見なかった記憶」
の3編かな。

特に見なかった記憶は激しく共感。
ちょっとこの物語とはずれてるけど,この本に出てる写真は
本当にほとんど見たことないはずなのに,なんか見たような気がする。
すごく懐かしい気持ちになる。

時々ひっぱりだして,眺めたくなる本です。
う~ん,しかし2500円か。
2万円の図書カード(←まだ届いてない模様)が届いてから考えよう。


だれかのことを強く思ってみたかった

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • だれかのことを強く思ってみたかった /角田光代、佐内正史

    Excerpt: お台場であろう風景の写真が印象的な装丁の本で、開いてみたら都内の見知った景色がモノクロで続き、合間合間に角田光代のさっぱりとしながらも心に残る短編小説が存在する。 東京の風景とそれらの景色の下に存在.. Weblog: 書庫  ~30代、女の本棚~ racked: 2005-10-30 00:27
  • だれかのことを強く思ってみたかった [角田光代・佐内正史]

    Excerpt: だれかのことを強く思ってみたかった角田 光代 佐内 正史 集英社 2005-11-18 角田さんの書くショートストーリーと、佐内さんの切り取った東京の風景写真で構成された本です。 読み終えて.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-02-17 13:08
  • 2/28:「だれかのことを強く思ってみたかった」角田光代・佐内正史

    Excerpt: 佐内さんの東京のキレイな風景写真と、角田さんの誰かについて考えたステキな文章が並んでいる。 文庫本で読んだから写真が白黒だったけど、単行本だったら写真はカラーだったのかな?文章も短いものばかりだから.. Weblog: DJ Levi's BLOG racked: 2006-02-28 13:25