今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「太陽の塔」 森見登美彦

<<   作成日時 : 2005/09/13 20:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 12

太陽の塔
太陽の塔
posted with 簡単リンクくん at 2005. 9.13
森見 登美彦著
新潮社 (2003.12)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
何かしらの点で彼らは根本的に間違っている。なぜなら私が間違っているはずがないからだ、と宣う、ひねくれた学生の夢想を描く。膨らみきった妄想が京都の街を飛び跳ねる! 第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

(好きだったフレーズ)
「また役に立たないことをいろいろと詰め込んでいるんでしょう」
「役に立たないものに賭ける人生もある」

ファンタジー大賞受賞ということですが、…正直どのへんがファンタジーなのか。

ファンタジーとは

文学、映画、ゲームなどの一分野であり、幻想的・空想的な要素が特徴的な作品が属するジャンルとされる。英語の fantasy に由来する。
ファンタジーの定義はあいまいであるが、サイエンス・フィクション(SF)との対比で言うと、SFでは世界設定や物語の展開において自然科学の法則が重要な役割を果たすのに対し、ファンタジーでは空想や象徴、魔術が重要な役割を果たす。(ウィキペディアより)

とのことですが。
空想…ていうか妄想??

妄想たくましい主人公が、ストーカーではなく、元彼女を研究対象として純粋につけまわすという話から始まって彼の周りの強烈なキャラクターが描かれていきます。

京大生ってのはもっとこう、ぱっとしてるのかと思ってましたがいやあいろいろいるんですな!

「おそろしく緻密な頭脳を持っていたが,その才能と知性の無駄遣いっぷりは余人の追随を許さなかった」(本文より)
って,ほんとその通りだよ!この登場人物たち。

男汁がどうのとか、鴨川の等間隔に並ぶカップルの配列を意図的に乱して、満足とともに精神的疲労を味わったりとか変に笑えるネタが満載。
アレな男のアレっぷりが余さず描かれてます。

そして笑いだけでもなくて、描かれる京都の町並みや電車の様子は大変美しい。
そのギャップがまたすごいんですな〜。

タイトルの「太陽の塔」は最初意味わかんなかったですが、途中から頻繁に出てきます。
関西に住み始めて6年も経つというのに、いまだ万博記念公園には行ったことのないワタクシ。

今度見に行ってみよう。

太陽の塔
太陽の塔

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
太陽の塔 [森見登美彦]
太陽の塔森見 登美彦 新潮社 2006-05 京大を休学中の森本。華のない生活を送っている彼だが、一度だけ女性と付き合ったことがある。彼女の名前は水尾さん。水尾さんに振られた森本はそれ以来、長きにわたり「水尾さん研究」を続けていたのだが…。 ...続きを見る
+ ChiekoaLibrary +
2006/12/15 11:46
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 ...続きを見る
本のある生活
2007/02/16 23:45
太陽の塔 森見登美彦
装画は影山徹。装幀は新潮社装幀室。 2003年「太陽の塔」で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。主な作品「夜は短し歩けよ乙女」「四畳半神話大系」「きつねのはなし」「新釈走れメロス他四篇」など。 主人& ...続きを見る
粋な提案
2007/04/03 04:11
太陽の塔 森見登美彦
太陽の塔 ■やぎっちょ書評 昨日juneさんの記事「夜は短し歩けよ乙女」にコメントを残しに行ったら、「太陽の塔」は「夜は短し〜」の後日談説、ということが書かれていたので、慌てて読んでみました。 しかるに。。。 どうでしょ。結局は後日談じゃないと思います。最初.... ...続きを見る
"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書...
2007/04/10 23:59
森見登美彦【太陽の塔】
京大農学部で遺伝子工学を研究していた男が、研究対象を「水尾さん」に変更した。研究停止の宣告を受けつつも決然として己の意志を貫く「森本」の華麗なる妄想と男汁にあふれた日々。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2007/07/09 14:52
森見登美彦『太陽の塔』(新潮文庫)
森見登美彦『太陽の塔』を読んだ。 タイトルやら帯の文面やらから想像していたものとはまるで違った。まったくきれいに騙された。いい意味で。ずいぶん前に『電波男』というオタクの生態と思考を余すところなく流麗かつ赤裸々に綴った、真性オタクの手になる評論本を読んだ。当時ぼくは著者本田透のことを思って読後しばし呆然と宙を睨んだものである。 何故か、その本田氏を思い出してしまった。 この作品の主人公はいわゆるオ... ...続きを見る
書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー
2007/07/10 00:16
「太陽の塔」森見登美彦
「太陽の塔」 森見 登美彦 新潮社 2003-12-19 勝手に評価:★★★☆☆  現役京大生の超新星現る!ロマンチックでセンチメンタルな妄想小説の誕生!!  「美点満載、文句なしの快作!」「一番強烈で一番笑いこけた作品。庄司薫、遠藤周作といった青春文学の懐かしい味わい」と選考会で大絶賛。――何かしらの点で彼らは根本的に間違っている。なぜなら私が間違っているはずがないからだ、と宣う、ひねくれた学生の日々を描く笑撃デビュー作。膨らみきった妄想が飛び跳ねる!(新潮社HPより) ボリ... ...続きを見る
Chiro-address
2007/07/29 16:17
「太陽の塔」森見登美彦
タイトル:太陽の塔 著者  :森見登美彦 出版社 :新潮社 読書期間:2007/07/28 - 2007/07/30 お勧め度:★★★ ...続きを見る
AOCHAN-Blog
2007/09/25 18:12
「太陽の塔」森見登美彦
太陽の塔 (新潮文庫)森見 登美彦 (2006/05)新潮社 この商品の詳細を見る 再読です。 ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2007/10/15 17:29
森見登美彦著/太陽の塔/第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞作
森見登美彦著/太陽の塔/第15回日本ファンタジーノベル大賞受賞作◆主人公である「私(男子大学生)」の独白で物語はスタートする。「私」には3回生の時に水尾さんという恋人が出来て毎日がそれはそれは楽しいものだったが、あろうことか水尾さんは「私」を振った。・・... ...続きを見る
おれには夢がある。
2008/01/15 01:48
太陽の塔 / 森見登美彦
太陽の塔 (新潮文庫)(2006/05)森見 登美彦商品詳細を見る 私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんとい&... ...続きを見る
みすじゃん。
2008/02/03 18:21
『太陽の塔』/森見登美彦 ○
いや〜〜。濃ゆい・・・ですな。あの森見登美彦さんが、こんな濃ゆい「男汁」たっぷりなデビューを飾っていたとは…ビックリですわ〜。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2008/03/11 23:16
太陽の塔
★★★★ ...続きを見る
自由の森学園図書館の本棚
2009/02/26 19:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ、まみみさんも行ったことないですか。でもその公園移転かなにかしたんじゃなかったでしたっけ?数年前に…話題になったようなならなかったような。記憶がおぼろですが。でも私も行ってみたいです。太郎さんの作品を、一度生で見てみたい…って本文と関係のないコメントですいません(汗)。
chiekoa
2006/12/15 11:47
あら、移転してるんですか?わたしは今あるところは知ってるんですが、前にどこにあったのかまでは…。太陽の塔の近くにはですね、児童書専門のでっかい図書館もあるらしいのです!そちらにも興味津々。いくときは二箇所とも制覇したいと思っております。
まみみ
2006/12/15 20:17
てか、私その万博見に行きました・・。
幼かったから太陽の塔の記憶はないんですけど、
小さい頃家にあの置物ありました。
せっかく行ったのに記憶がないのが妙に悔しいです。

「鴨川ホルモー」といい、これといい、読んだら京都に無性に行きたくなってしまいました。そして物語に出てくる場面を巡るのです。とりあえず、ファンタスティックな叡山電車に乗ってみたいです!
june
2007/02/16 23:50
>juneさん
おぉ、万博見に行かれたんですね。記憶がないとは…それは悔しい。なんだかすごい人出だったそうで。
わたしも今とても京都に行きたいです。割と近いんですが、イキオイと元気がないとなかなか。いつかjuneさんと一緒に京都めぐりしてみたいです。ほんとに、結構本気で。
まみみ
2007/02/18 19:26
おぉ、ファンタジーの定義が!。そうだったんですね。まったく気にしてませんでした。
妄想に巻き込まれていっぱい笑えたので、男臭くてばかばかしいのも許せるようになったんだ、と自分を褒めたり(笑)。
藍色
2007/04/03 03:13
ファンタジー、…定義聞いてもいまいちよくわかってなかったりするんですけどね(笑)。これはひたすら笑う作品だと思うので、藍色さんは正しい読み方をされたのかと。以前は許せなかったんですか?わたしは前からこういうの大好きでした☆
まみみ
2007/04/03 22:59
私も妄想小説と命名しました(笑)。
確かに情景描写の綺麗さとのギャップは素晴らしかったですね!
私は、できれば植村譲をもっと登場させてほしかったです(笑)。
chiro
2007/07/29 15:42
妄想が暴走してますよね。ほんと、すごかったです……こんな妙ちきりんな話なのに、京都のイメージが悪くならないあたりもまたすごいなぁと。
植村嬢。すでにどんなキャラだったか忘れてます。再読してみます!!
まみみ
2007/07/30 00:33
太陽の塔はご近所です。車で1時間だけど。今回再読しましたが、二度目の読書でも面白かったです。まみみさんもぜひどうぞ。ちなみに植村嬢は蛇眼の持ち主で、主人公の妄想を透視してしまう人物です。
しんちゃん
2007/10/15 17:34
いまでこそ有名なモリミーさんですが、やはりデビュー作もすごかった!って感じですよね。わたしも2回目読もう読もうと思ってまだなんですー。今度チャレンジしてみますね!植村嬢も思い出したいし!!
まみみ
2007/10/15 17:50
まみみさん、こんばんは(^^)。
「太陽の塔」といえば、私的には「今年も大阪帰省来ちゃったよ・・・トホホ」なイメージです。(旦那の実家行く途中にある)だんだん見えてくると子供ッチ&ダンナは喜ぶけど、私はヘコむという(笑)。

京大生たちのトンデモナイ妄想炸裂ぶりが、あまりにも濃ゆい・・・。
でも、「ええじゃないか騒動」の渦中に身を投じてみたくなりました♪
水無月・R
2008/03/11 23:21
水無月・Rさんのコメントにだいぶ笑わせてもらいました。そんな存在なんですね。
この作品、「夜は短し〜」とか他の作品に比べて好き嫌いがはっきり別れるようです。それって何に由来してるんでしょうね?気になります。
まみみ
2008/03/13 21:37
「太陽の塔」 森見登美彦 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる