「最後の願い」 光原百合

最後の願い
最後の願い
posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 9
光原 百合著
光文社 (2005.2)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
新しく劇団を作ろうとしている度会恭平。納得するメンバーを集めるため、日々人材を探し回る。その過程で出遭う謎。日常に潜む謎の奥にある人間ドラマを、優しい眼で描く青春ミステリー。

こういったジャンルのミステリーは「安楽椅子探偵もの」って
いうんですねぇ。はじめて知ったよ。
「安楽椅子の探偵たち」読んだのにねぇ。
ほんとに鳥頭(c)西原理恵子先生だ…


ちょっと新鮮に感じたのは,探偵役が二人いたことですか。
それも別にライバルってわけじゃなく。
どっちも「能ある鷹は」タイプなのは変わりないけど
度会は自覚して隠してて,風見は天然なのが違いかな。
それぞれ魅力的でよかったっす。

この系統の話は,謎を解くけれども罪を罰するわけでもなく…
てのが特徴ですか。
当事者が不愉快な記憶に苛まれているのを救うのが
目的というか,結果としてそうなってますな。


まあこの探偵役二人が上手なのは,謎解きしたうえで,自分が
目を止めた人物を自分らの劇団に引き入れてるところですか。
そういう人すべてになんらかの謎があるっていうのがご都合主義
な感じがしないでもないけど…
人生にはいくつかの謎が必然なんですかね。
あたしは思いだせないけど。

謎解きのパワーでいろんなことを解決するのを読むにつけ,
なぜか「日ペンの○子ちゃん」とか「美味し○ぼ」とか思いだした
ワタクシ。
一芸に秀でると身を助けますな(間違った感想)

タイトルの「最後の願い」の意味も,読み終わってから納得。
ああ…そういう意味ね。

かなり練り上げられたな~という感じです。続編は出るのかな?
光原さんはあまりシリーズ化しないからな…

最後の願い

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 最後の願い [光原百合]

    Excerpt: 最後の願い光原 百合光文社 2005-02-23 劇団φ(ファイ)を新設すべく東奔西走する青年・度会と風見。旗揚げに協力してくれるメンバーを探す彼らがめぐり合った、さまざまな人々の物語を綴った連作.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2005-10-05 13:02
  • 最後の願い*光原百合

    Excerpt: ☆☆☆・・ Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2005-10-05 17:33
  • 最後の願い

    Excerpt: 最後の願い 光原百合発売元: 光文社価格: ¥ 1,890発売日: 2005/02/23売上ランキング: 81,410おすすめ度 posted with Socialtunes 新しい劇団を作るべく.. Weblog: 雑食レビュー racked: 2005-10-20 23:19
  • 「最後の願い」光原百合

    Excerpt: 最後の願い光原 百合劇団φ(ファイ)を立ち上げようとメンバーを探している度会。メンバーとなる人達との出会いとその人たちの過去の心のしこりを演技をする人の観点でといていく。7編の短編が全部で一つの物語。.. Weblog: ナナメモ racked: 2005-10-26 23:52
  • ◆本 「最後の願い」光原百合

    Excerpt: この作家さんも、実ははじめて読む。 ミステリーに殺伐を求めてしまう私としては(笑)、 詩や絵本を書いているというプロフィールで、つい敬遠してました。 それを今回読む気になったのは、心境の変化か?.. Weblog: いつもの空にいつも澄月 racked: 2005-12-01 15:34