「卵一個ぶんのお祝い。」 川上弘美

卵一個ぶんのお祝い。
川上 弘美著
平凡社 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
ふつうに生活していても、けっこう妙なことが起こるもの…。おおむね楽しい、ちょっぴりさみしい。からだ半分、ずれている。カワカミさんの、5分の4はホントの、日々のアレコレ。『東京人』連載を単行本化。


今日で10月も終わり。今月読んだ冊数を,さっきカウントしたら
45冊超えててビックリですよ。しかもこれに,感想書いてないマンガ足したら
80冊くらい行くのかな~。

読みすぎだっつうの。そりゃ部屋も荒れるわ。
寺山修司さんにも怒られちゃうね!(会ったことないけど)
寺山さんと言えば,とても電話好きだったらしくお墓の中に
お骨と一緒に黒電話が入ってるらしいですよ。なんかいいよね,そういうの。


…とまた脱線とかいうレベルじゃないくらい話ずれてますが
本題へ。

川上弘美さんの日記エッセイです。
5分の4が本当のことらしいけど,どれが本当でどれがウソなのか
わからんなぁ。
妙なできごともあるし,川上さんのなんかズレたモノの見方が
おもしろいです。

この作品のタイトルにもなってる,「卵一個ぶんのお祝い。」が
いいなと思いました。
ささやかなささやかなお祝い。
特別に何か買わなくてもお祝いってできるんだな,と。

あたしも今度,卵一個ぶんのお祝いまねさせてもらおう。

東京日記 卵一個ぶんのお祝い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「東京日記 卵一個ぶんのお祝い。」川上弘美

    Excerpt: 東京日記 卵一個ぶんのお祝い。川上 弘美 雑誌「東京人」に連載している日記の最初の3年分をまとめた本。どっぷりと川上ワールドにひたりました。あとがきに「以前『椰子・椰子』という、嘘日記の本をだしたこと.. Weblog: ナナメモ racked: 2005-11-02 00:12
  • 卵一個ぶんのお祝い。*川上弘美

    Excerpt: ☆☆☆・・ あとがきにかかれているように、東京近辺でだけ売られている雑誌「東京人」に連載された日記の最初の三年分ほどをまとめたものらしい。 『椰子、椰子』は嘘日記だった� Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2005-12-13 21:00