「ふらりふらり帖」 柳沢小実

ふらりふらり帖
柳沢 小実著
新泉社 (2005.4)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
思い通りにいかないからこそ愛おしい日常と、それでもひたすらに重ねていく日々。なにもないように見えて、なにもかもがある…。web上に連載中の日記に、鎌倉散策レポートなど5本のエッセイを書き下ろし。

作者の柳沢さんを,勝手に写真家と思ってたものの実はそうではない模様。
あげく名前の読み方,間違ってました。ごめんなさい。「このみ」さんね。
…「こみ」はないよな!
もっと自分に疑問を持て>あたし

自分自身が変な名前だと,他人の名前にも鷹揚になるっていうか~。
苗字は日本のベスト5に入るかっつうくらいなのに,下の名前に妙な字を
あててるので,今までちゃんとした同姓同名の人にあったことがありません。
自分の名前で検索したら,たった一人いる模様。…検索総数3件とも同じ人だった。


と,毎度のことながら脱線しまくってすみません。


自分でミニコミ誌を作ったり,ライターをしたりと活躍中の柳沢さん。
同年代ということと,どの作品も装丁が美しいので気にしてる方です。
本が好きだったり,ちょっとしたところがとても似ているので,読んでて
楽しいですね。
柳沢さんはSF好きらしく,そのジャンルはあまり読まないので参考に
なります。


今回の作品では,なによりも鎌倉散歩のエッセイがよかった。
鎌倉行きたいなー。十何年前,遠足で行ったっきりだ。
東京から1時間なんだけど,出不精のあたしにはえらい遠かった…
しかし今住んでるところから行くこと考えたら,もっと行っておけばよかった。

かーまーくらっ!かーまーーくらっ!!(←気分が盛り上がって歌を歌っている)

関西で鎌倉っぽいとこってどこだ…?
大仏つながりだと奈良?京都もちょっとそれっぽいか。
ああでも,やはり鎌倉のよさは鎌倉に行かねば!!

と,痛烈に鎌倉熱にうかされてますので,来年1月上旬に東京行く折には
ぜひとも行ってまいりたいと思います。むろんこの本を抱えてね。

ふらりふらり帖

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ふらりふらり帖 / 柳沢小実

    Excerpt: ミニコミ誌の制作、雑誌への執筆、コピーライティング、インテリアコーディネートなど様々な事柄を手がける著者の3冊目の本である。 webで連載中の日記 に、初秋から晩秋にかけての鎌倉散歩、切手.. Weblog: 書庫  ~30代、女の本棚~ racked: 2005-11-24 11:18