「血は哀しみの味」 ステファニー・メイヤー

トワイライト 2
ステファニー・メイヤー著 / 小原 亜美訳
ソニー・マガジンズ (2005.8)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
転校してきたベラが出会った美少年。彼は哀しい過去を持つ吸血鬼だった。彼の正体を知ったベラは心を決めた…。ラブ満載のヴァンパイア・ロマンスシリーズ第2弾。


をわー(←叫び)。
このシリーズ読むには年を取りすぎたかもしれませぬ。
いや,もともと性格的に向いてないのか?ツッコミ派は無理かと。

ラブ満載って,ラブ以外ないですからね。アマ~い!!!!(スピードワゴン風)
全編通して二人がいちゃついて終わってました…お,終わりですか!これで!?
次巻でなにやら動きがあるようですけれど。

未読の方へ。
「吸血鬼と人間の女の子のラヴ」,「切ない気持ち」などを総合して考えて
思いつく話…思いつきました?
たぶんそれと,そんなに内容変わらないです。予定調和の楽しさってやつかな。

きっとこれからいろんなことあって,最後はハッピーエンドなんだろうなぁ。
これでハッピーエンドじゃなかったらすごい。
…その万に一つの可能性にかけて続きを読むか読まざるか(←賭博シ?)


そしてやっぱりよくわからんお互いの気持ち。
えーと……お互い外面に現れる情報が大変好みのタイプだったってことですよね?
内面関係なしですか。徐々にわかりあってはいるけれど。

なんといいますか,一昔も二昔も前の甘い少女漫画の世界。だと思います。

この吸血鬼の少年があらゆる意味でカンペキすぎるんだよなぁ。
これからどうなるのやら。
そしてあたしはこの甘さに耐え切れるのか…

あ,あとこの作品も帯と内容がぜんっぜん合ってないんですけど。
そんなセリフでてきたか…?
次号予告なんだろうか。それともあたしが忘れてるだけ??


トワイライト〈2〉血は哀しみの味

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック