「ポーの話」 いしいしんじ

ポーの話
ポーの話
posted with 簡単リンクくん at 2005.12. 4
いしい しんじ著
新潮社 (2005.5)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
太古から岸辺に住みつく「うなぎ女」たちを母として、ポーは生まれた。やがて、稀代の盗人「メリーゴーランド」と知りあい、夜な夜な悪事を働くようになる。だがある夏、500年ぶりの土砂降りが町を襲い-。

稀代のストーリーテラー,いしいしんじさん。
これが最新作…?だよね。
あいかわらず壮大で,とても力強いお話でした。すごいよな~
これだけ独自の世界を構築できるのは。

あ,でももしかしたら。大枠のところは「ピノッキオ」にちょっと似てるかも。


河で生まれて,災害で生まれ故郷から流されて…
川辺で暮らす老人と孫や,ゴミ処理しつつレース鳩を育てる夫婦と
触れ合いながら,ポーは旅をしていきます。


このお話のテーマってなんだろう。
“母なるもの”??
“つぐないとは何か”???


泥の中になんて潜ったことないのに,ポーが泥につつまれて安らいでる
感覚にものすごく共感しました。
あたしも水に潜っているときはそういう感じになります。

どんなに水面が荒れ狂っていたとしても,潜ったところはおだやかで
やすらかなのがいいよねえ。
ああ,真冬だけど泳ぎたくなってきたなぁ。
久しぶりにプールでも行くか??


もう言わずもがなって感じですが‘おすすめ’です。

ポーの話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「ポーの話」いしいしんじ

    Excerpt: ポーの話いしい しんじ橋がたくさん架かる大きな川を中心にした町。ある春の日、うなぎ女から生まれた子、ポー。水かきをもち、うなぎのように長い事水の中に潜っていられるポーはうなぎ女たちに大事に育てられてい.. Weblog: ナナメモ racked: 2005-12-19 22:38
  • ポーの話 いしいしんじ

    Excerpt: ポーの話いしい しんじ新潮社 2005-05-28by G-Tools また、不思議な本を読んでしまったぞ・・・。 大きな泥の川が中心を流れ、たくさんの橋がかかる町。川に近い下の方と、水害の.. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-12-19 23:30
  • ポーの話 [いしいしんじ]

    Excerpt: ポーの話いしい しんじ新潮社 2005-05-28 うまくあらすじとかが書けません。タイトルどおり、これは、ほんとうに、ただ、ポーの話。 「うなぎ女」の子ども、ポー。ポーは、ちいさな子どもで.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2005-12-20 11:24
  • 「ポーの話」 いしいしんじ

    Excerpt: 「ポーの話」いしいしんじ(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、物語、おはなし、うなぎ女 ポーという名の不思議な生き物の男の子の話。500年ぶりの大雨、氾濫のあと、愛し育て.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2005-12-25 15:34
  • 『ポーの話』 いしいしんじ

    Excerpt: この人の物語は、とても優しいんだけれど、 その中に残酷さをはらんでる予感が、 読み進んでいくうちに、暗い雲のように、 ざわざわと広がっていく。 絶対に、よくないこと、不幸なことが起こる予感.. Weblog: *モナミ* racked: 2007-04-11 19:09
  • 『ポーの話』/いしいしんじ ○

    Excerpt: いしいしんじさんの描く、きらめくシャボン玉のような不思議な世界。だんだんと降り積もっていくマリンスノーのような、優しく暖かい情景がキラキラしています。 『ポーの話』は、うなぎ女から生まれたポーの物語.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-04-21 22:33