「高く遠く空へ歌ううた」 小路幸也

高く遠く空へ歌ううた
小路 幸也著
講談社 (2004.4)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
「ぼく、また死体を見つけてしまったんです。これで10人目なんです」 なぜか死体の第一発見者になってしまう少年ギーガンは、高くて広い空に囲まれた街で起きる不思議な事件に知らず知らずのうちに巻き込まれていく…。

*ちょっとネタバレ*

「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編。
…その事実にだいぶあとになって気づきました。
最初に書いとけよ…ああ,でも言っちゃうともうそこでネタバレなのか。


小路さんの作品は,ノスタルジックでやさしい雰囲気が漂ってるのに
容赦なく人が死ぬのがすごいなあ。
前回と違って,今回は始まったときに既に9人は死んでたわけですが。
しかしそんな小さい頃,そんだけの数の変死体見るのイヤだなあ。
小さくなくたってそんなの見たいとは思わないのに。

この作品を読んで思い出したことは,小さい頃難しい言葉は「カタカナ」で
考えてたなってこと。
「カンジンズイドー」って言われても漢字なんてでてこないもんね。
あと英語の歌詞も,全然わかってなかったこととか。
適当に歌ってその気になってたこと。

そういう覚えてたってなんてことないけど,忘れるとちょっと哀しいような
ことを思い出させてくれる作品でした。


前作よりも最後に救いがある感じなのがよかったです。

高く遠く空へ歌ううた

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 高く遠く空へ歌ううた*小路幸也

    Excerpt: ☆☆☆・・ カタカナの町シリーズの2作目。 舞台は、丘の上の町。そこには空をさえぎるものがなにもなく 広く高い空はいつでもどこまでも広がっていて 虹がきれいに全部はっきりと� Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2005-12-21 07:34
  • 高く遠く空へ歌ううた 小路幸也

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううた小路 幸也講談社 2004-04by G-Tools なぜか死体を発見してしまうという特技(?)のある少年、ギーガン。まだ中学生だというのに、とうとう10人目の死体の第一発見者.. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-12-21 23:01
  • 「高く遠く空へ歌ううた」小路幸也

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction)小路 幸也 (2004/04)講談社 この商品の詳細を見る 本書は「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編です。 「ぼく、また死体を.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-11-02 16:50
  • 「高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction)」小路幸也

    Excerpt: 高く遠く空へ歌ううた (Pulp‐town fiction) 「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編ということで読んでみました。「空を見上げる古い歌を口ずさむ」は雰囲気というか物語のもつ空気は好.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-11-17 21:38
  • 高く遠く空へ歌ううた(小路幸也)

    Excerpt: 「空を見上げる古い歌を口ずさむ」の続編・・・とは、ちょっと違うよなぁ。シリーズ2作目ってところでしょうか。 Weblog: Bookworm racked: 2007-11-23 14:13
  • 小路幸也「高く遠く空へ歌ううた」

    Excerpt: 小路幸也著 「高く遠く空へ歌ううた」を読む。 このフレーズにシビれた。  カタカナの町。それがどういう意味なのかわからない。わからないけど、訊かなくてもいいんだろうなと思った。 [巷の評判]からぱに.. Weblog: ご本といえばblog racked: 2010-03-12 23:22