「百万の手」 畠中恵

百万の手
百万の手
posted with 簡単リンクくん at 2005.12.16
畠中 恵著
東京創元社 (2004.4)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
燃えさかる家に飛び込み焼死した親友。携帯電話を通して連絡してくる彼の魂と、二人三脚での放火犯探しが行き着く恐るべき真相! ファンタスティック・ミステリ。


うおー,また感想書くのが難しい話だな~。
書きすぎるとネタバレになるんで伏せますが,壮大。イッツソー壮大(←なぜか2度言う)。
上記内容説明では,よもやこんな展開になろうとはわからんよ。

思っていた以上に人が死ぬ話でびっくりでした。
なんでそれで死ぬの?ってのもあったしなぁ…
最後の犯人の独白でも「それで人殺しますか?」って感じがなきにしもあらず。

うーむ。
なんつかこう,人を殺すからにはちゃんとした理由が欲しいなあ。
もしくは「なんとなく」とか「太陽が照ってたから」みたいな意味不明な
ほうがまだマシっていうか。
某有名マンガにも言えますが,そんな理由で人殺すなよ。
ってところがちょっと納得いかなかったです。


小ボス→中ボス→ラスボス,ってな感じで,敵がどんどん変わるので
飽きないんですがね。
ネットの本読み仲間のゆうきさんも書かれてましたが,テンポもいいので
読みやすいです。

そして一緒に謎とく仲間が途中で変わったのに不満があるのも
一緒ですよ!>ゆうきさん
あたしは最後の方で,また最初の人が出てきてくれるかと思ってたんですが。
ほったらかしかよ!なんだそのラスト!?
とそこも納得いかず…

うーん。今のところ読んだこのシリーズでは一番評価低いかもしんないです。

しっかし今年,読んだ本の中で死んだ人の人数数えたら恐ろしいことに
なりそうだな!軽く何百人単位なんですけど。いやヘタしたら千人にも!?


百万の手

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 百万の手 畠中恵

    Excerpt: 百万の手畠中 恵東京創元社 2004-04-22by G-Tools 表紙がとても素敵だった、という理由で読んだ一冊。畠中恵さんという人のことは知らなかったし、この本には何の予備知識もなかったんで.. Weblog: IN MY BOOK by ゆうき racked: 2005-12-26 22:46