決定・今年の10冊(mamimix選)


作家名順に挙げますと

伊坂幸太郎「チルドレン」(講談社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200502/article_2.html
いしいしんじ「ぶらんこ乗り」(理論社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200510/article_18.html
五十嵐貴久「2005年のロケットボーイズ」(双葉社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200510/article_31.html
角田光代「この本が、世界に存在することに」(メディアファクトリー)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200510/article_43.html
桂望実「ボーイズ・ビー」(小学館)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200504/article_6.html
越谷オサム「ボーナス・トラック」(新潮社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200509/article_3.html
鷺沢萌「ウェルカム・ホーム!」(新潮社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200503/article_1.html
小路幸也「HEARTBEAT」(東京創元社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200511/article_31.html
三羽省吾「厭世フレーバー」(文芸春秋)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200511/article_17.html
山本幸久「幸福ロケット」(ポプラ社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200512/article_40.html


………ですかねえ。
難しいな~10冊。


児童書では
大島真寿美「空はきんいろ」(偕成社)
http://kanata-kanata.at.webry.info/200504/article_9.html
ライトノベルでは
田口仙年堂「吉永さん家のガーゴイル」(エンターブレイン)←祝アニメ化!
http://kanata-kanata.at.webry.info/200506/article_16.html
エッセイでは
石田千・穂村弘・三浦しをん・宮沢章夫の各氏に
大変笑わせていただきました。


そんなに読んだ時期が固まってないなと思いましたが
自分のブログを見返してみると10月が割とあたり月だったようです。
…そりゃね。40冊も読んでりゃな。
数うちゃ当たるってやつですか?

いや~、でも充実した一年でした。
こんなに本読んだの何年ぶりだったろう。
最後の最後で、作者ご本人からメッセージいただいたりして
大変嬉しかったです。


それではみなさま。
今年はこれにてうちどめとさせていただこうと思います。
また来年、どうぞよろしくお願いいたします_(._.)_

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック