「さよなら妖精」 米澤穂信

さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信

東京創元社 2004-02
売り上げランキング : 52972

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国からはるばるやって来た少女、マーヤ。謎を解く鍵は記憶の中に…。余韻あふれる出会いと祈りの物語。


おおお…図書館で借りた期限ギリギリ,いや一日遅れになりつつも必死で読みましたよ。
なんだか食指が動かなくて。でも読み始めたらあっという間でした。

ミステリーですが,北村薫さんとか加納朋子さんが得意とするライトな謎です。
遠い国から来た少女が目にした「不思議」を謎解きしてあげる4人の高校生。
その4人はそれまでそんなに仲良くなかったんだけど,マーヤを中心に少しずつつきあいが増えていく。

そしてミステリーだけじゃなくて,マーヤの出身国である「遠い国」の話も随所に織り込まれつつ物語は進みます。
雨の降る日にやってきて,雨の多い時期を越えて,自国に帰っていった少女。
そしてその少女の残した最後の謎を解くために,一旦離れたけれどまた集まる4人。まあここでもいろいろあるわけですが。


題名と,内容説明から想像していた話とは随分雰囲気が違っていましたがよい話でした。
この話は米澤さんの3作目なのかな?
時々地理や世界史の話が出てくるんですが,高校で日本史専攻のうえ他の科目はもう赤点取らなきゃよし!くらいのイキオイで生きてたあたしには初耳の話も多かったです。

図らずも登場人物の一人,文原君の「手の届かない範囲の物事には関わらない(つーか関われない)」っていう状態になってるな…と反省しました。


すごく上手!とかおもしろい!!という話じゃあなく,なんというか心に残る話でした。
米澤さんの描かれる世界は割と好きかもしれない。2作しか読んでませんが他の作品も読んでみたいと思います。

さよなら妖精

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • №134 「さよなら妖精」 米澤穂信

    Excerpt: 「装丁」は、一律「4点」となる「ミステリ・フロンティア」レーベルの第3回配本「さよなら妖精」を読了しました。 どうして、ミステリ・フロンティアレーベルの装丁が一律4点なのか?はこちら をご参照く.. Weblog: 流石奇屋~書評の間 racked: 2005-12-07 22:58
  • 「さよなら妖精」米澤穂信

    Excerpt: さよなら妖精米澤 穂信 1991年4月。高校3年生の守屋と太刀洗は、雨宿りをしてたユーゴスラヴィアからきた17歳の少女マーヤと出会う。日本の事を勉強する為に知人の所に滞在するはずだったのだが、その.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-02-27 21:49
  • さよなら妖精 [米澤穂信]

    Excerpt: さよなら妖精米澤 穂信 東京創元社 2004-02 1991年4月。雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、謎に満ちた日々への扉を開けた。遠い国・ユーゴスラビアから、はるばるおれたちの街にやっ.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-05-11 18:27
  • 「さよなら妖精」米澤穂信

    Excerpt: ユーゴスラヴィアの紛争、毎日流れる凄惨なニュースから目を背けてばかりでした。見たくない。知りたくない。ただただ、そんな気持ちで。ゲームの画面のようだと割り切るには、何かを捨てきれなかった。でも、直視す.. Weblog: 読書とジャンプ racked: 2006-06-27 21:53
  • さよなら妖精(米澤穂信)

    Excerpt: 米澤穂信の「さよなら妖精」(2004)を読んだ。高校生を主人公とした話ではあるが,同じ著者の「クドリャフカの順番」(日記は,→こちらから)などの古典部シリーズとはやや雰囲気が異なり,あえて言葉にすれば.. Weblog: まあぼの交差点 racked: 2006-08-10 00:56
  • さよなら妖精(米澤穂信)

    Excerpt: たぶん、読み方を間違えた。たぶんじゃなくって、絶対に・・・;;; Weblog: Bookworm racked: 2007-11-04 13:05