今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「1985年の奇跡」 五十嵐貴久

<<   作成日時 : 2006/01/23 06:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 3

1985年の奇跡
五十嵐 貴久著
双葉社 (2003.7)
通常1-3週間以内に発送します。


内容説明
モー娘。じゃなくおニャン子の時代。僕らの弱小高校野球部にスゴイ奴がやってきた! 練習よりも「夕やけニャンニャン」。そんな僕らが、まさかまさかの甲子園!? 書き下ろし長編青春小説。


こういうダメっぽい男子高校生を書く,天賦の才を感じますなぁ。
相変わらず笑わせてもらいましたよ。
1985年当時は〜,ええとあたしは小学生か?だから8歳くらい年上の
兄ちゃんたちが,当時どんな青春だったかが垣間見えました。
おニャン子なぞ正直全然見てなかったんで,それぞれの顔が全然
わからなかったんですがー。そこがちょい残念か。

まあ,上記内容説明の通りですわ。…途中までは。
練習もしてない弱小野球部が甲子園なぞ行けるわけもなく。
いいとこまで行くんですが,相手校の卑怯な作戦によりピッチャーがダメになり
再戦を誓って猛特訓!ってな流れです。
まあ高校生なんで,他に友情やら恋愛やらその他もろもろも絡ませつつ。

「熱血はガラではないが,たまにはいいんじゃないの」

うん,ほんとそう思う。

詳しく書くとネタバレになるので書きませんが,川原泉さんの作品を思い出し
ましたよ。某キャラクターがかぶるんだよなあ。もしやモデル?と思うほどに。

そしてラストのラストが割と急展開でびっくり。
い,何時の間にそんなことになったんですか!?
アンタの相手はあいつでしょ?
どこがどうなって…ってそんなもんか。恋愛なんて(←急に達観する人)

…もしやタイトルの奇跡はここにもかかってるのか!?

エピローグも妙に切なかったです。
こういうの書かれるとああ終わったんだな〜と実感しますな。
最後の沢渡の「頑張ってるか?」が心にしみました。
それに答える主人公にもね。

1985年の奇跡
1985年の奇跡

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「1985年の奇跡」五十嵐貴久
「1985年の奇跡」五十嵐貴久(2003)☆☆★★★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、野球 ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2006/01/24 13:38
1985年の奇跡
ISBN:4575234729:detail 「1985年の奇跡」五十嵐貴久(2003)☆☆★★★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、野球 五十嵐貴久ということで読んだ。正直、これは、ちょっといただけなかった。 最近、ステレオタイプでも良いのではないかという感想を幾つかの作品に対し書いてきた。しかし、訂正する。ステレオタイプであっても、そこに「何か」なければダメだ。本作品は、悪い意味でステレオタイプ。もちろん、ツボにはまった人には受ける要素もあるのだが、一般的、普遍的な小説という... ...続きを見る
図書館で本を借りよう〜保管庫〜
2006/01/24 13:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
仕事中にTBしてしまったため、コメントが遅くなり、すみません。残念ながら、この作品はダメでした。おにゃんこにと野球に思い入れがないからでしょうか?
すの
2006/01/24 22:03
いえいえ,コメントありがとうございます。
同年代だったからこそ相容れないものがあった
のかもしれませんね〜
わたしは年上の人たちの青春が垣間見えて
なかなか堪能しました。
高校野球も好きですしね♪
がむしゃらな練習をして,身体が変わっていく
のが単純に嬉しかった中高生の頃を思い出しました。
mamimix
2006/01/24 22:37
どうも、五十嵐貴久です。本人だったりします。
感想、どうもありがとうございます。
さて、そんなこんなで私の新刊「パパとムスメの7日間」が、このたび朝日新聞社から発売されました!47歳のパパと、17歳のムスメの体と心が入れ替わって起きる大騒動を描いた話でございます。よかったら、試しに読んでみていただければ嬉しいです。ではでは。五十嵐貴久でした。
五十嵐貴久
2006/10/11 18:08
「1985年の奇跡」 五十嵐貴久 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる