「九杯目には早すぎる」 蒼井上鷹

九杯目には早すぎる
蒼井 上鷹著
双葉社 (2005.11)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
第26回小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた「大松鮨の奇妙な客」など、ユーモラスな空気の中でミステリーの醍醐味を味わえる作品を収録した短編集。


久しぶりにミステリーを読んだ!という感じ。
これがデビュー作ですか…うまいなあ。そして作者の方はご自身もすごく
推理小説が好きなんだろうな~と思います。

9編入ってますが,うち4編は4Pくらいの極短編。
しかしページ数が少ないからと言ってあなどれません。思いっきりぞわりと
きます。
この4編に限らず,全編結構ぞくっとします。きっちり悪意が書いてあったり
不気味さがあったり。
上記内容説明と,表紙の絵の感じで「ユーモラスなミステリ」って誤解すると
結構痛い目みます。少なくともあたしはそうでした。

総じてもーのすごくよく考えられた作品ばかりだと思います。
ネタバレは控えますが,おぉそんな展開ですか!?というのが多いです。
一番好きだったのはどれだろう…表題作「九杯目には早すぎる」かな。
唯一元ネタがわかった作品だったしな。
ミステリ読みの人って本当に深く広く読んでるんだなと思い知りました。
知らない作品多すぎだよ……orz

その作品に限らず,全部酒がらみだなぁそういや。
作品集だからあえて合わせたんでしょうか。
お酒の会社の雑誌などのCMでよく小話みたいのが載ってたりしますが
蒼井さんのこういうミステリー載せるのはどうですかね。
あ,みんなお酒飲むの怖くなるからダメなのか?
話としてはこっちのほうが断然おもしろいと思うんだけどな。
とか言ってるあたしはつくづく広報向いてないなと思う次第です。(←でも本職)

九杯目には早すぎる

この記事へのトラックバック

  • 「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹

    Excerpt: 「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹 読了です。小説推理新人賞を受賞した作者のデビュー作。全編、帯にあるとおり「小心ゆえにドツボにはまる哀しい男たち」の事件が軽妙な語り口で綴られている短編集です。といっても.. Weblog: 読書とジャンプ racked: 2006-11-19 12:04
  • 九杯目には早すぎる [蒼井上鷹]

    Excerpt: 九杯目には早すぎる蒼井 上鷹 双葉社 2005-11 第26回小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた「大松鮨の奇妙な客」他、「におい.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2007-02-02 12:35
  • 九杯目には早すぎる*蒼井上鷹

    Excerpt: ☆☆☆・・ 九杯目には早すぎる蒼井 上鷹 (2005/11)双葉社 この商品の詳細を見る 休日に上司と遭遇、無理やりに酒を付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―第26回小説.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-02-17 21:41
  • 「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹

    Excerpt: 九杯目には早すぎる 蒼井 上鷹 「大松鮨の奇妙な客」「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バタン」「最後のメッセージ」「見えない線」「九杯目には早すぎ.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-03-11 20:30