「Sweet Blue Age」 角田光代ほか

Sweet Blue Age
有川 浩著 / 角田 光代著 / 坂木 司著 / 桜庭 一樹著 / 日向 蓬著 / 三羽 省吾著 / 森見 登美彦著
角川書店 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
あわいあわい初恋、究極の遠距離恋愛、あてのない夜の彷徨、もてあます自由とほどけない心、性のかなしみ…。甘く憂鬱な「あのころ」をテーマに贈る、いま、最も鮮烈な7人の書き手による青春文学ベスト・トラック集。

ベスト・トラックでした。少なくともあたしには。
有川さんと日向さんは初読みでしたが、他の方はほとんど好きな作家さん
だったし。豪華メンバーだなー。

しかしこれ、表紙のイメージよりも随分しょっぱい話が多かったように思います。
以下ちょっとずつ感想を。

あの八月の、 角田光代

10年前に在籍していた学校に忍び込み、当時作成した映像を見る女性二人。
徐々にその頃を思い出し、そして今現在の自分を想う。そんなお話。
それそのものをはっきりと撮影していないのに、あふれでてるモノがあるっていう
感覚はよくわかります。そしてそれを封印したい気持ちもね。
…死ぬ前に確実に処分しないとな、あたしも。

クジラの彼 有川浩

お名前だけ知ってたものの初めて読んだ有川さん作品。結構好みでした。
潜水艦乗りの彼とわたしの過酷な長距離恋愛を描いたお話。
主人公の女の子の同僚がよかった。こんな友達あたしも欲しいっす。

涙の匂い 日向蓬

初読みでした。東北の田舎町に引っ越した少女の淡い恋やその他もろもろを
描いたお話。日向さんはR-18文学賞出身と聞いてたんですが、それから
イメージしてた作品とは全然違ってました。古風なようなそうでないような不思議な
お話。

ニート・ニート・ニート 三羽省吾

出ました三羽さん!新作読めてうれしいです!!
会社辞めて、寮から出る引越し準備の最中の突然の闖入者。その悪友・レンチと
同じく巻き込まれてるキノブーと車に乗りこんで目指す先は……というお話。
こういうどっかぶっちぎれてるキャラ書かせるとうまいですねぇ。ホレボレ。
もうじき新刊も出るようで。首を長くして待ちたいと思います!

ホテルジューシー 坂木司

坂木さん。…覆面作家だったんすね。てっきり……いえ、なんでもないです。
卒業旅行の旅費稼ぎに沖縄の住み込みバイトをすることになったヒロのひと夏の
物語。…なんかこう、身につまされるところも多い話でした。
働いたり誰かと出会うことは、自分と向き合うきっかけでもあるんだなと。月並み
ですがそんな感想をもちました。

辻斬りのように 桜庭一樹

桜庭さんも芸風(作風)が広いですね。
平凡な生活を送っていた女子教員が突如サカって7人の男と「辻斬り」する
ように寝ていく。というお話。
正直よくわからんような……でもこの主人公の思考回路が理解できないとまでは
言いがたい。ううん、感想難しいっす。

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

そしてトリに森見さん。この編集した人おもしろいなぁ。
「太陽の塔」とか「四畳半神話体系」で発揮されてた森見さんのアレっぷりが
今回も遺憾なく発揮されてました。よくこんな話思いつくよな。
とある女の子の一晩の飲み歩き話。と、その女の子に懸想する先輩のダメ話。
ある意味一番しょっぱくて、それでも結構しあわせなような不思議なお話。

いろんな話が入ってて読み応えありました。
これで1400円は安いね!…って買ってないけど。借りて読んでるけど。
でも買っても損はないと思います。

Sweet Blue Age

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「Sweet Blue Age」

    Excerpt: Sweet Blue Age 有川 浩, 角田 光代, 坂木 司, 桜庭 一樹, 日向 蓬, 森見 登美彦, 三羽 省吾 「すべての偉大なる作品は、青春文学なのだ」野性時代のこの断言に.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-05-06 23:55
  • Sweet Blue Age

    Excerpt: ☆☆☆・・ 青春を描いた短編集。   角田光代  『あの八月の、』   有川浩  『クジラの彼』   日向蓬  『涙の匂い』   三羽省吾  『ニート・ニート・ニート』 � Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2006-05-23 21:54
  • ■ Sweet Blue Age

    Excerpt: Sweet Blue Age 有川 浩 角田 光代 坂木 司 角川書店 2006-02-21 アンソロジーはめったに読まないのですが、今回のお目当ては、「クジラの彼」有川浩 でした。 .. Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき racked: 2006-06-26 03:21
  • 「Sweet Blue Age」角田光代 他

    Excerpt: Sweet Blue Age 青春小説って、すごく好きです。あの頃の熱い思いやら淡い思いやらが甦って、しばし時間を遡る思いがするのがいいのです。でも青春文学とひとまとめになっていますが、こうして.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-01-18 23:03
  • 『Sweet Blu Age』/(『野生時代』掲載作品アンソロジー) ◎

    Excerpt: 元々は、有川作品検索で、出てきたのですが、他の作品も、なかなかレベルが高く、水無月・R好みのも、結構ありました。初めて読む作家さんがほとんどで、嬉しくなっちゃいました。「青春時代」をテーマとしたアンソ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-05-07 21:21