「死ぬまでにしたい10のこと」 齋藤薫ほか

死ぬまでにしたい10のこと
斎藤 薫ほか著
ソニー・マガジンズ (2003.10)
通常2-3日以内に発送します。


内容紹介
10名の女性著名人による心に響くエッセイ・アンソロジー
余命2か月と宣告されたら、あの人はなにをするんだろう?
もしも、ある日突然、「あなたの命はあと○か月」という宣告を受けたとしたら……?

この本の題材になった映画,友達と見たものの開始5分で爆睡。
起きたのはエンドロールだったというまさにギャグを体現したかのような
状態でして。いやほんとに。
題名からすごく見たいなーと思ってたのにねえ。またいつか挑戦しよう。

これは10人の女性が,映画の主人公の状況だったらどうするか?と
いうことを各々真剣に考えて書いてみました。てのが掲載されてます。
10人それぞれ違うんですが…やっぱり子どもがいるといないとじゃあ
したいことって全然違うんだなあと思いました。
一番共感できたのは角田光代さんだったかな。
ああ,あと最後の室井祐月さんも共感した。みんないいことばっかり
書いてる中で,ムカツク奴に呪いをかけるっていう正直な意見は大変
よろしいと思いました。

読むとどうしても自分の「死ぬまでにしたいこと」を考えます。
でもそれは,余命○ヶ月ってわかってない今の時点でもうすでにやって
おいたほうがいいんだろうなあ。
だって何時死ぬかなんてわかんないもん。明日かもしれないし。

2年前くらいにいっぺん逆上してやりたい放題やってみたんで,今の
ところそんなに思いつかないけれど…
あと二ヶ月で死ぬんだとしたら

・確実に処分しておきたい日記や手紙などを捨てる
・好きな本をもう一度読み直してから,友達にあげる
・完結してる作品で,最後まで読んでないものはすべて読む
・一ヶ月くらい気の向くままに旅してみる(途中何度か実家に帰る)
・会いたい人には会いに行く
・もう一度夜泳ぐ
・やさしかった人・好きだった人たちに手紙を書く
・親孝行する
・できるなら今さらながら真剣に照れずに恋をする

…ええとこれで9こ?あとできるなら

・生かしとくと社会の害悪になると思う奴を仕留めに行く

とかもやってみたいな。
自分で考えるのも楽しいし,誰かに聞くのもおもしろい。
楽しみながら「生きるとは」ってことを考えられるという意味で
いい本だと思います。

死ぬまでにしたい10のこと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック