「まほろ駅前多田便利軒」 三浦しをん

まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん著
文芸春秋 (2006.3)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
お困りの節はお電話ください。多田・行天コンビが迅速に解決いたします-。東京のはずれに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼人は何をもちこんでくるのか…。

三浦しをんさんの作品で今まで一番好きだったのは,たぶんデビウ作
「格闘するものに○」だったんですが,この作品はそれに並ぶくらい
好きかもしれないです。人によって評価分かれそうな作品ですが,おもしろかった!

未読の作品も含め,三浦さんの作品では結構あやしげな雰囲気の男性
二人組が書かれることが結構あるな~,それはご本人の趣味的要素が
色濃く影響してるんだろうな~と思っていたんですが。
この作品に関して言えば,これはもう男性二人組でないとバランスが悪い
そんなコンビですね。

ざっくりあらすじを書くと
元旦から仕事をした帰り道,バス停で出会った真冬というのに素足にサンダル
履きの不審な男は,多田の元クラスメイト・行天だった。
行くところがないという行天を連れて帰り,奇妙な二人組みの生活が始まる。
…いろんなトラブルに巻き込まれ&自分から進んで入り込んで。

というようなお話。
キャラがよいですね。特に行天。
思い切り変人で想像を超えることをよくしでかし,時折狂犬のような表情も
見せる…でもいい男。ってどんなですか。
そのフォローをしつつ,着実に仕事をする多田との対比がまたいいですな。

そのほか脇を固めるお客さんやら敵(?)やらもユニークでどことなく憎め
ない人が多いです。
終わっちゃいましたが,続きが書けそうな気もするそんなお話。
いやでもここで終わっておいたほうがいいか。きれいにまとまってるしな。

本当はもう少し説明してもらいたいこともたくさんあったんですけれど。
とりあえず大変楽しませてもらったのでよし!としましょう!!(←エラそう)

この作品はドラマ化してもおもしろそうだな~と思いつつ,行天役が
どうしても思いつきません。こんなのできる人いるかなぁ?


まほろ駅前多田便利軒

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • まほろ駅前多田便利軒*三浦しをん

    Excerpt: ☆☆☆☆・ 「犯罪に加担しているやつを見かけたら、おまえどうする」 「放っとく」 東京の外れに位置する“まほろ市”。この街の駅前でひっそり営まれる便利屋稼業。今日の依頼 Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2006-06-13 21:15
  • 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん 東京の南西部、神奈川県へ突き出すような形で存在するまほろ市。その町の駅前でひっそりと便利屋を営む多田は、年が明けてすぐの仕事帰りに高校時代の同級生・.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-06-14 10:02
  • まほろ駅前多田便利軒 [三浦 しをん]

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん 文藝春秋 2006-03 東京のはずれ、まほろ市の駅前にある便利屋「多田便利軒」。なんでも屋として働く多田が、ある日バス停で出会った男は高校時代の同級生・行天。居.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-06-14 15:05
  • 妄想キャスティング――三浦しをん【まほろ駅前多田便利軒】

    Excerpt: これはもう妄想読書人ぱんどらのためにあるような小説。脳内DVDぐるんぐるん。 なんでも請け負う「便利屋さん」の話。「便利軒」だからといってラーメン屋ではない。探偵とは違 Weblog: ぱんどら日記 racked: 2006-06-15 10:53
  • <オススメ>『まほろ駅前多田便利軒』 三浦しをん (文藝春秋)

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん / 文藝春秋(2006/03)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog <.. Weblog: 活字中毒日記! racked: 2006-06-22 01:11
  • ● まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん 文藝春秋 2006-03 だいぶ前(とはいえ、直木賞受賞決定後ですが)に読んで、感想も書いたのに、UPするのを忘れていました。古い文章になりましたがその.. Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき racked: 2006-09-09 13:06
  • まほろ駅前多田便利軒、三浦しをん

    Excerpt: 表紙写真は前康輔。本文イラストは下村富美。装幀は大久保明子。 2000年「格闘するものに○」でデビュー。主な作品「私が語り始めた彼は」「極め道」「夢のような幸福」「人生激場」「むかしのはなし」「.. Weblog: 粋な提案 racked: 2006-09-23 00:05
  • 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん

    Excerpt: タイトル:まほろ駅前多田便利軒 著者  :三浦しをん 出版社 :文藝春秋 読書期間:2006/09/12 - 2006/09/14 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2006-10-02 22:30
  • 三浦しをんと森絵都の小説

    Excerpt: (添付写真は三浦しをんさん) 以前にもエントリーしましたが、今夏発表された第135回の直木賞は、伊坂幸太郎が受賞して欲しいと思っていました。候補に挙がるのも5回目だし、もうそろそろあげても良い頃でし.. Weblog: 香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎 racked: 2006-10-22 00:55
  • まほろ駅前多田便利軒  三浦 しをん

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒 三浦 しをん  273 ★★★★☆  【まほろ駅前多田便利軒】 三浦 しをん 著  文藝春秋  直木賞受賞作  《まほろ駅、わたしも日曜日の午後に行ってます》 .. Weblog: モンガの独り言 読書日記通信 racked: 2006-11-01 00:36
  • 「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒 しをんさんの小説は2冊しか読んでないんですが、硬質で端整、きれいだなと思うんですが、ちょっと乗り切れない・・というところがあったのです。エッセイのおもしろさと比べてしまうか.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-11-19 23:13
  • まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

    Excerpt: まほろ駅前多田便利軒 ■やぎっちょ書評 小説としての三浦しをんさんはこれが2冊目。前回読んだ「風が強く吹いている」では最後にグッと来たけど、今回はどうか!? うーん。いいお話でしたよ。でも普通か.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-03-24 18:34
  • 三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」を読む!

    Excerpt: 三浦しをんの「まほろ駅前多田便利軒」は、第135回直木賞受賞作です。直木賞発表時に、2006年9月号の「オール讀物」誌上でその一部を読みました。「オール讀物」の都合上、「まほろ駅前多田便利軒」は6篇中.. Weblog: とんとん・にっき racked: 2007-05-23 17:47
  • まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん [Book]

    Excerpt:  三浦しをん:著 『まほろ駅前多田便利軒』  まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん文藝春秋このアイテムの詳細を見る  2006年上半期の直木賞受賞作です。  この後書かれた受賞第1作 「風が強く吹いてい.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-07-21 01:41
  • 『まほろ駅前多田便利軒』  三浦しをん

    Excerpt: 『まほろ駅前多田便利軒』  三浦しをん 来ました本命、直木賞受賞作。 便利屋、謎の男、売春婦、ドラッグ、 生意気な小学生、若きキングオブギャング…って石田衣良かい! というネタ目白押しなのですが.. Weblog: 勝手に装丁室 racked: 2008-02-08 21:57