「きちんと暮らす」 パトリス・ジュリアン

きちんと暮らす
パトリス・ジュリアン〔著〕
アスコム (2004.5)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
家事をしながら別のことを考えている、それは「デッドタイム」。趣味じゃない絵を無理に飾った気に入らない部屋、それは「デッドスペース」。生活の中からデッドタイムとデッドスペースを排除して心地よく暮らす秘訣を伝授。

パトリス・ジュリアンさんは神戸でおいしいパン屋などを展開してるので
名前は知ってたんですが,本も出してたんですね。
ひととなりを全然知らなかったので,この本を興味深く読みました。

そしてその厳しい「美」への追求姿勢には平伏します。
そうだねえ。いい暮らしには妥協しちゃいけないってことなのね。
中で
「よくぼくにどうやったらそんな生活ができるんですか?って聞いてくる人が
いるけど,たいていが維持するのは無理!って諦めてしまうんだ。」
てなこと書いてはりましたが,ほんとうに一日やるだけならともかく,毎日
これを実施するってのはかなりつらいです。

家の雰囲気に合わないから,レンジや炊飯器は使わない。
おなべでご飯を炊いたり,直火に網をかけてパンを焼いたほうが
おいしいし,なにより楽しいという姿勢とか。

そう,いろんな手間もすべて「楽しさ」とか「おもしろさ」につなげられるパトリス
さんが素敵ですねえ。


書いてあることは本当にシンプルで,誰にでもできそうなことなんだけど
継続するってのは何にせよ難しいってことですね。
どこかで7日間続けられたものは,そのあとも続けられると聞いたことがある
んで,まず一週間これをできるかどうかが勝負なんでしょう。


ずぼらーなあたしがパトリスさんみたいにイキナリなれるわけはないので,
とりあえず美的感覚にあわないものを部屋に置かない。てのから始めますか。
……まずは本棚からあふれた本だの漫画の整理だな。うん。

おいしそうで簡単なメニューのレシピや,パトリスさんのおうちのインテリアなど
見るだけでも楽しい一冊です。

きちんと暮らす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック