「7月24日通り」 吉田修一

7月24日通り
吉田 修一〔著〕
新潮社 (2004.12)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
普通の女には、平凡な未来しかないのかな? でも、一度くらいはドラマみたいな恋をしてみたい-。間違ってもいいから、この恋を選ぶ。そう思ったこと、ありませんか? 「東京湾景」の著者がおくる長編ラブストーリー。

恋愛小説がたいして好きじゃないし,吉田さんの描かれる世界も
好きとは言い切れないですが,なんだかつい読んでしまいます。
これが力ってやつですかね。

夏がテーマだし,この題名だし!と思って読んでみました。
ざくっと内容紹介すると
主人公の本田小百合は,自分の住んでいる地域の地形がポルトガルの
リスボンのそれと似ていることに気づき,それ以来勝手に‘コメルシオ広場’
とか‘ガレット通り’と呼んでいる。誰にもナイショで。
そんな小百合の自慢のイケメン弟の話やら,元同級生の亜希子とその旦那
(今の小百合の上司でもある)の話や,昔の亜希子の恋人で,実は小百合も
憧れていた聡史の話。そんなこんなが淡々と綴られてゆきます。


この小説は全10章で構成されてて,それぞれの章タイトルが個性的だな~と
思っていたら途中で種明かしがあって納得。
そのやり方が鮮やかでステキでした。なるほど,そういう意味でしたか。
読みながら何気なく自分自身のソレを考えてみたくなります。10個も思いつ
かなかった…ていうかネガティブなものしか思いつかなくて,途中で止めました。


読んでいる最中はそれと気づかないんですが,読み終わるとちゃんとした
恋愛小説ですね。
ラストのあたりの展開がカンペキ予想外でちょっとびっくりしました。
おおお本田さんやるねぇ!みたいな。あたしはこういうことできるかなあ。
たぶんできないな,でも本田さんもきっとそれまでの本田さんだとできなくて
それを破るために一歩踏み出したってことなんだろうな。
結果がどうあれ。泣くことになっても自分で選んで。
恋愛小説であり,主人公の成長小説でもあるんだなあ。今気づいたけど。

ただ,後半に出てきた男の子の扱いがないがしろでかわいそうでした。
当て馬かい…ほんとに捨てキャラみたいで気の毒~~。

ポルトガルは行ったことないですが,名づけ方がイカスな。「7月24日通り」
なんて通りがあったら通ってみたいよ。
日本の地名の○○筋とか××通ってのもいい名前のあるけど,こういう
通り名は見たことないかも。
どういう由来で「7月24日通り」なんて名前になったのかな。ちょっと調べてみようと思います。

物語を流れる空気感が割と好きでした。

7月24日通り

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「7月24日通り」吉田修一

    Excerpt: 「7月24日通り」吉田修一(2004)☆☆☆★★ ※国内、現代、小説、恋愛、生き方 長編ラブストーリーとあるが中編だな。 吉田修一氏の作品としては、ずいぶん毛色の変わった作品。 一人称「私.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2006-07-12 21:22
  • 「7月24日通り」  吉田修一

    Excerpt:  主人公は20才半ばのOL。自分の住んでいる町の地形がポルトガルのリスボンに似ていることに気付いて、自分のテリトリーの地名をまだ行ったことのないはるか遠くの異国の町に重ねるようになる。たとえば最寄りの.. Weblog: シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 racked: 2006-09-27 15:12