「ボトルネック」 米澤穂信

ボトルネック
ボトルネック
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 3
米沢 穂信著
新潮社 (2006.8)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
気づけば僕は「自分が産まれなかった世界」にいた。街並や社会に大した違いはないが、そこでは、死んだはずのあの人が生きていて-。若さ特有の「痛々しいオーラ」が横溢する、「現在進行形」の書き下ろし青春小説。


う~~~~~~~~。
作者の米澤さん自身が「これも米澤穂信です」と言っていたようですが
本当に今までの作品とはかなりカラーが違うです。
いつもの感じと思って読むとかなりびっくりするかと。

お話のさわりを書くと
好きだった子の弔いに行った場所で事故に遭い、気づくと家の近所に倒れていた主人公、嵯峨野リョウ。家に帰ってみると、見知らぬ女性がドアを開けた。その人は産まれていなかったはずのお姉さんでーとそんなお話。
いわゆるパラレルワールド迷い込みなわけですが。
こんなに痛々しい話、今まで読んだパラレル物ではなかったなあ。

迷い込んだ世界では、死んだはずの人が生きていて、潰れたはずのお店が営業していて、実際の世界では失ったり壊れたりしているものがほとんど存在している。
それは一体どうしてなのか。

……読み進めるうちに、主人公の静かな絶望がずーんと心にきて、もうなんだか先を読み進めるのがつらかったです。「姉」であるところの人の明るさで物語自体はどーんと暗くはなってないんですが、それが余計になあ……。


ラストも、偶然同じような終わり方をしている作品を、同時期に違う媒体で見ていてかなり凹んでたので…昨日けがしたところをもう一度傷つけたみたいな痛みが伴いました。つらい、ほんとつらい。
読み終わってから、泣いてつらさを少しやわらげましたが。久しぶりだよ、こんなに泣いたの。

この作品は、今現在精神的に落ち込んでいたりとか、あまりいいコンディションじゃないときに読まないほうがいいと思います。もしくは読むとしても、主人公の気持ちにシンクロしないように気をつけて。そうでないとあたしみたいに痛い思いをするかと。

……しかしこれ、帯によると
「渦中にいなければ感じ得ない青春を描いた」「痛い」作品らしいんですが。
あ、あたしはいまだに青春真っ最中ってことですか!?しかも16歳のあたりの。
ううううううーむ。
大人の人が読むと平気なのかなあ。

この本は自分で購入したのですが、たぶん読むたびに自分のトラウマを刺激して身を引き裂かれるような痛みを感じると思うんで、…もう読み返さないと思います。
きっと二度と読まなくても、内容を忘れることはない。あたしにとっては苦しい話でした。

ボトルネック

この記事へのトラックバック

  • ボトルネック、米澤穂信

    Excerpt: 装画はフジモト・ヒデト。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 主人公で高校一年生の語り手の僕、嵯峨野リョウは2年前に事故死した恋人、諏訪ノゾミを弔うため東尋坊を訪れます。強い眩暈に襲われ崖下へ落ちて.. Weblog: 粋な提案 racked: 2006-09-11 02:48
  • ボトルネック

    Excerpt: ボトルネック米澤穂信発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/08/30posted with Socialtunes at 2006/09/12米澤穂信期待の新作は、これまでの作風と.. Weblog: 雑食レビュー racked: 2006-09-12 22:35
  • 「ボトルネック」米澤穂信

    Excerpt: ボトルネック 高校1年生のリョウ。2年前に亡くなったノゾミを弔う為に東尋坊を訪れていた。そこへ届いた兄の訃報。帰ろうと思った途端めまいに襲われ、ノゾミと同じように崖を落ちた。目を覚ましてみた.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-09-15 22:28
  • 「ボトルネック」米澤穂信

    Excerpt: ボトルネック発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/08/30売上ランキング: 3199posted with Socialtunes at 2006/09/14 傑作だ。だけ.. Weblog: 本を読む女。改訂版 racked: 2006-09-17 02:55
  • ボトルネック

    Excerpt: ボトルネック 米澤穂積 新潮社 2006年8月 恋人ノゾミを弔うために,東尋坊に来た嵯峨野リュウは、崖から落下・・・目覚めたときは、別の世界にいて、家には、自分の.. Weblog: <花>の本と映画の感想 racked: 2006-09-21 16:52
  • ■ ボトルネック 米澤穂信

    Excerpt: ボトルネック 米澤 穂信 新潮社 2006-08-30 懐かしくなんかない。爽やかでもない。 若さとは、かくも冷徹に痛ましい。 ただ美しく清々しい青春など、どこにもありはしない。 .. Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき racked: 2006-09-24 10:09
  • ボトルネック [米澤穂信]

    Excerpt: ボトルネック米澤 穂信 新潮社 2006-08-30 恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ、そのまま崖下へ落ちてしまった。―はずだった。ところが、気づけば見慣れた金沢の街中にいる。.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-10-04 15:58
  • ボトルネック  米澤 穂信

    Excerpt: ボトルネック 米澤 穂信  257 ★★★★☆  【ボトルネック】 米澤 穂信 著  新潮社  《この若さで書けるのか、やはり大傑作なのか》  内容(「BOOK」データベースより.. Weblog: モンガの独り言 読書日記通信 racked: 2006-10-16 22:30
  • 「ボトルネック」米澤穂信

    Excerpt: ボトルネック 米澤さんの青春小説しかもパラレルワールドものということで、パラレルワールドからどうやって元の世界に戻るのか?日常レベルを越えた謎解きがあるのかな・・なんて考えながら、かなり期待をし.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-11-02 22:56
  • (書評)ボトルネック

    Excerpt: 著者:米澤穂信 ボトルネック価格:¥ 1,470(税込)発売日:2006-08- Weblog: たこの感想文 racked: 2006-11-04 21:23
  • 「ボトルネック」米澤穂信

    Excerpt: タイトル:ボトルネック 著者  :米澤穂信 出版社 :新潮社 読書期間:2006/11/02 - 2006/11/03 お勧め度:★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ].. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2006-11-20 18:30
  • ボトルネック(米澤穂信)

    Excerpt: ボトルネックposted with 簡単リンクくん at 2006.11.21米沢 穂信著新潮社 (2006.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る <著者紹介.. Weblog: 3日で2冊 racked: 2006-11-25 01:15
  • 「ボトルネック」米沢穂信

    Excerpt: 「ボトルネック」米澤穂信(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ミステリー、青春、パラレルワールド、SF、ファンタジーネオハードボイルド ※少しネタバレあり、未読者は注意願いま.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2006-12-09 12:51
  • ボトルネック

    Excerpt: ************************************************************ 恋人を弔うため東尋坊に来ていた僕は、強い眩暈に襲われ そのまま崖下へ落ちてし.. Weblog: 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ racked: 2007-02-19 14:06
  • ボトルネック/米澤穂信

    Excerpt: 米澤 穂信 ボトルネック …………本、1冊。 丸々使って、主人公に言わせたことが「間違い」だなんて。 これだけ悲しい終わり方は他にないと思います。 救いなんて、これっぽっちもない。.. Weblog: 狭間の広場 racked: 2007-06-28 17:34