「雨のち晴れ、ところにより虹」 吉野万理子

雨のち晴れ、ところにより虹
吉野 万理子著
新潮社 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
肺を病み、ホスピスで死を待ちながら過ごす剛志。そんな彼の頭をかすめるのは、20年以上も会っていない小学校の同級生「アヤ」のことだった…。湘南を舞台にした、6つの奇跡の物語を収録。

前作がたいそう微妙だったので、新刊案内を目にするも「アレの人だしな…」とスルーしてたところ、いろんなところから前のより断然よい!という絶賛の嵐だったので、勇気出して借りて読んでみました。

よいです。ほんと。一作目とこの作品の間に何があったんだ!ってくらい上手になられてます。


表題作「雨のち晴れ~」を含む全6話で構成されてまして、どれもこれも主人公も語られる話も違うんですが、一人全話通じて出てくる女性がいます。この人がキーです。
全部が、大雑把に言えばすれ違いかけている人同士の物語なんですが、それがどのように収束していくかっていうのはそれぞれ違うわけで。
100人いれば、100通りの解決策があり、100通りの人生があるってことなんだね。

どの話もあたたかくてよかったです。
おいしそうだったのは第一話「なぎさ通りで待ち合わせ」と第三話「ガッツ厄年」でしょうか。作者の吉野さんは地元が大好きなんだろうなあ。そこに住んでいないとわかんないような細かいおススメ品だのお店だのの紹介が楽しいです。
…たぶん結構な確率で実在してるんじゃないかと。あたしも鳩守欲しい!あとスタバのコーヒー飲みつつチャヤのケーキ食べたい!!

……と、関東に行ったらやりたいことリストがまたしても更新された模様。
一週間くらいじゃ足りないよううう。


雨のち晴れ、ところにより虹

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 雨のち晴れ、ところにより虹 [吉野万理子]

    Excerpt: 雨のち晴れ、ところにより虹吉野 万理子 新潮社 2006-07-20 湘南を舞台に、親子・友人…様々な人間関係を描く、六つの物語。「なぎさ通りで待ち合わせ」、人気予備校講師の母と高校生の優花の物語.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2006-09-27 17:12
  • ● 雨のち晴れ、ところにより虹 吉野万理子

    Excerpt: 雨のち晴れ、ところにより虹 吉野 万理子 新潮社 2006-07-20 すっごく良かった!超、好き!特に女性にはオススメ!男性でも、好きな人は好きだと思う。 もしかしたら、ミステリィ.. Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき racked: 2006-09-28 12:22
  • 雨のち晴れ、ところにより虹  吉野 万理子

    Excerpt: 雨のち晴れ、ところにより虹 吉野 万理子  249 ★★★☆☆  【雨のち晴れ、ところにより虹】 吉野 万理子 著  新潮社  《六つの話、六つの奇跡、六つの爽やかなオチが待っている》.. Weblog: モンガの独り言 読書日記通信 racked: 2006-10-09 23:08
  • 「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子

    Excerpt: 雨のち晴れ、ところにより虹 この美しい表紙と、あちこちでの絶賛。すごく気になっていたんです。吉野さんの作品は、「秋の大三角」でちょっとがっかりもしたんですが、これはきっといいに違いない!と。で、.. Weblog: 本のある生活 racked: 2006-10-12 21:23
  • 「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子

    Excerpt: 「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、湘南、短編、 ※ネタバレほどではない。しかし未読者は注意! 正直に述べれば、合わなかった。.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2007-02-10 10:21
  • 「雨のち晴れ、ところにより虹」吉野万理子

    Excerpt: 雨のち晴れ、ところにより虹 吉野 万理子 湘南を舞台にした連続短編集。 全く知らない作家さんの全く知らない本だったのですが、とある事情により急遽図書館で予約して読みました。 サ.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-03-05 21:48