「LOVE or LIKE」 石田衣良ほか

LOVE or LIKE
石田 衣良著 / 中田 永一著 / 中村 航著 / 本多 孝好著 / 真伏 修三著 / 山本 幸久著
祥伝社 (2006.7)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
男女が出会うと、色々な感情が生まれる。気になる、好き、愛しい、せつない…。転校生への憧れ、再会した同級生への複雑な感情、まだ見ぬ文通相手へのときめき-。微妙な機微を、6人の実力派男性作家が描く恋愛アンソロジー。

アンソロジーはいろんな人の作品が楽しめるし、初読み作家さんの雰囲気をつかむのになかなか使えるので割と読むんですが。

当たりはずれが大きいのもアンソロジーだったりするんだよな。なんでか。

これは当たりかはずれかっていうと、どっちなんだろう。予想外ではあったです。
恋愛小説じゃないっていうか…恋愛おとぎ話集?
男性作家の描く恋愛話は、女性作家のソレよりファンタジックなものが多い気がするんですが気のせいですかねえ。

以下自分の備忘録用にちょろっと一話ずつあらすじ紹介。

リアルラブ? 石田衣良

某おしゃれカフェの男女の給仕が、それぞれに恋する相手はカフェのチーフと、お客さんと。
それぞれの給仕の恋路は?ほろ苦い感じのお話。

なみうちぎわ 中田永一

高校生のとき、海難事故で意識不明となり5年後目覚めた主人公。周りすべてが自分を置いていったかに見えたが、当時家庭教師をしていた先の男の子は……。割とファンタジー色の強いお話。

ハミングライフ 中村航

いつもお昼を食べる公園で見かけた野良猫。ミルクをやるようになったとき、公園の木のうろに折りたたんだ紙が入っているのに気づいて……。ゆーっくり進む一昔前の少女マンガみたいなお話。でも結構好きだった。いいな、こんな生活。

DEAR 本多孝好

3人の仲良し少年は、みんな同じ子を好きになった。その子にそれぞれが告白した、その返事は。そして20歳になったときのそれぞれは……。これもなんだか切なくほろ苦いお話。
そこまで強烈な設定、いるかーー?とちょっと思いました。

わかれ道 真伏修三

これがこの本で一番おとぎ話っぽかった…一体何がどうしてどうなって。転校生の女の子が君を好きになるんだい!?男子高校生のドリーム話かっ!最後まで読むとなんとなくわかるけど、なんかなー。解せないわ。むう。

ネコ・ノ・デコ 山本幸久

トリは山本さん。都内で小さな雑貨店を営む女店主は、意外な形で元・同級生に逢うことになるが…というお話。一番恋愛があまり絡んでない形のお話でした。
最後のオチが効いててよかった。途中哀しいところもあるけど、読後感は結構いいです。


……こう見るとあまり幸せいっぱいの恋愛話がなかったなぁ…中村さんのくらいか?
初読みの中田さんと真伏さんのカラーがよくわからんかった。これだけで評価しちゃだめなんだろうし、また他作品読んでみます。

表紙はさわやかですが、中身はそうでもない…ああでもこの青緑な感じは内容を的確に表しているやも。すこーし哀しい物語集でした。

LOVE or LIKE

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「LOVE or LIKE」

    Excerpt: LOVE or LIKE 石田 衣良, 中村 航, 本多 孝好, 真伏 修三, 中田 永一, 山本 幸久 男性作家6人による恋愛アンソロジー。 以前読んだ「I love you」.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-10-17 22:38
  • 「LOVE or LIKE」

    Excerpt: LOVE or LIKEposted with amazlet on 06.1 Weblog: ついてる日記Ⅱ racked: 2006-10-27 22:40
  • 『LOVE or LIKE』 石田 衣良 中村 航 本多 孝好

    Excerpt: 恋が始まる予感 hReview by ☆すぅ☆ , 2006/10/19 LOVE or LIKE 石田 衣良 中村 航 本多 孝好 祥伝社 2006-07 &nbs.. Weblog: 「女流作家」の楽しみ方~林真理子・瀬尾まいこなどの女性作家のエッセイ・文学書評を中心にご紹介し... racked: 2006-11-06 23:12
  • 「LOVE or LIKE」石田衣良 他

    Excerpt: LOVE or LIKE 以前伊坂さん目当てで手にとった、男性作家による恋愛アンソロジー「I love you」がよかったので、これも楽しみだったのです。やっと書架に戻っているのを発見しました。.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-01-17 12:48