「浮世でランチ」 山崎ナオコーラ

浮世でランチ
浮世でランチ
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.14
山崎 ナオコーラ著
河出書房新社 (2006.9)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
私がこの会社にいるのは、あとひと月ちょっとだ。いつもひとりで昼ごはんを食べている-。明日の私は、誰とごはんを食べるの? 人が人と関わる意味って何? 25歳の私が「世界」に触れる、一瞬の奇跡とは。


山崎さんはこれが二作目なのに、もうそうは思えないくらい文章がうまいなー。
するするーっと読めるんですよ。すごい。

25歳の丸山君枝は会社を辞めて、ひとりアジアぶらり旅に出る。
タイ、マレーシア、ミャンマー。
行く先々で前職場の先輩、ミカミさんへはがきを書いたりメールを送ったり。
そんな25歳の日々と同時に、主人公の14歳時点での日々が語られます。

そのふたつは一体何の関係があるんだろう?
どうしてふたつの時間軸で物語が語られる必要があるんだろう?と最初は疑問に思うんですが、読んでいるうちに特に気にならなくなってきます。
最後のほうで「ああ、そういう理由が…」ってのにもちゃんと触れられてますしね。

なんというか、…自分自身そうだったんですが14歳のときに考えてた‘25歳’と、実際になってみた‘25歳’ってのはえらいギャップがあったんですよ。想像ではもっとしっかりした大人だったんだが……。なにがどうしてこうなった?

このお話の丸山さんも、14歳と25歳で全然変わっていないところがあります。それはなんなのか。気づくことから人は変化していくんだね……。
終わり方も思い切りハッピーエンド!ってわけではないけれど、ほのかに丸山さんの成長が感じられるものでよかったです。

一作目は題名からして衝撃作でしたが、今回のこれは割と受け入れられやすいんじゃないかなー。なかなかよい作品でした。

浮世でランチ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 浮世でランチ [山崎ナオコーラ]

    Excerpt: 浮世でランチ山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2006-09-12 三年間勤めていた会社を辞め、タイ、マレーシア、ミャンマーを巡る旅へと出発することにした二十五歳の君枝。幼なじみの犬井や大好きな女の.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2007-01-03 19:56
  • 「浮世でランチ」山崎ナオコーラ

    Excerpt: 浮世でランチ山崎 ナオコーラ (2006/09/12)河出書房新社 この商品の詳細を見る 気の合う人を側に置き、意見の合わない友達からは、そっと離れる�... Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2008-01-06 14:04