今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「図書館戦争」 有川浩

<<   作成日時 : 2006/11/11 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 12

図書館戦争
図書館戦争
posted with 簡単リンクくん at 2006.10.28
有川 浩著 / 徒花 スクモイラスト
メディアワークス (2006.3)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 正義の味方、図書館を駆ける!


発売当初からamazonに薦められるも「けっ」と軽くいなして放置してたんですが。
…すみません。おもしろかったです。amazonの悪い側面ばっかりピックアップして、いいところ見るのを怠ってました。…しかし足元をすくわれるのも頻繁だからな!いい気になるなよ!>amazon

すみません。しょっぱなamazonへの宣戦布告から開始しました。
限りなくライトノベルに近い小説のひとつです。作者があとがきで書いてるように、連ドラ風テイストもあったりします。
設定がまず頓狂なものなので、そこをつっこまずに読むのが得策かと。
わたしの場合は、そこにこだわりすぎて最初物語世界に入り込めなかったので。だってさーメディア良化なのになんで本だけそんなに。マンガとかTVのほうがえげつないの結構あるじゃん?とか。
そこ乗り越えると、あとは熱い青春&恋愛&戦隊モノです。コメディもあります。

展開がまたベタでなー。最初からそう来るだろうなーっていうのがもうそのまんまですから。ちょっとはひねろうよ!とそこもつっこみたかったですが、まあいいでしょう。おもしろかったし。登場人物のキャラがたちまくりでしたね。
昔助けてくれた図書館員(本人は「王子様」とものたまっている)を追いかけて入隊した笹原郁ちゃんがかわいかった。熱くてまっすぐで、粗暴だけど乙女(←どんなんだ)。
上官も同僚も友人もそれぞれいいキャラです。表紙見開きのとこに、そのメンバーの影絵(?)みたいのがあるんですが。
ほかの人はだいたいわかったのに、小牧と手塚がどっちがどっちなのかが微妙だった…
背が高い細いのが手塚ですかね?

どんどこ続きが出ているようなので楽しみです。最新作も来年2月くらいに発行だって聞いたし。それまでにコンプリートしておかねば。

今回の物語で一番ツボにハマった言葉は「クマに勝てる人類」のくだりでした。
小牧教官以上に笑った自信があります!

見た目分厚いので読む気萎える人いるかもですが。結構あっさり読めますよ。図書館よく行く人には特におすすめかな。

図書館戦争
図書館戦争

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争 有川 浩 ...続きを見る
ナナメモ
2006/11/11 19:03
「図書館戦争」有川浩
「図書館戦争」有川浩(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、SF(?)、ラブコメ、図書館、言論統制、焚書、ライトノベル ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2006/11/12 07:09
● 図書館戦争 有川浩
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02by G-Tools , 2006/04/05 ...続きを見る
本を読んだら・・・by ゆうき
2006/11/12 12:28
図書館戦争 [有川浩]
図書館戦争有川 浩 メディアワークス 2006-02 舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された現代。法を楯に「良くない本」を傍若無人に検閲、取り締まる「良化特務機構」に対抗できるのは、「図書館法」に則り図書館の自由を標榜する図書館のみ。武力行使も厭わないその戦いのために図書館によって組織された「図書隊」。本を守るために奔走する彼らの活躍は…。 ...続きを見る
+ ChiekoaLibrary +
2006/11/12 12:55
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争 ...続きを見る
本のある生活
2006/11/12 15:42
有川浩【図書館戦争】
血や涙や汗は本の中だけ、平和で静かな読書人たちが集う図書館で、「戦争」とは何ゆえに!? 表紙イラストからして穏やかならぬこの本は、読んでみれば胸キュンの一大エンタテインメント小説であった。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2006/11/13 14:20
図書館戦争
********************************************************************** 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として 『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立てよ図書館! 狩られる本を、明日を守れ! 敵は合法国家機.. ...続きを見る
気楽に♪気ままに♪のんびりと♪
2007/02/11 03:53
図書館戦争*有川浩
☆☆☆☆・ 図書館戦争有川 浩 (2006/02)メディアワークス この商品の詳細を見る ───公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。 超法規的検閲に対抗するため、立て& ...続きを見る
+++ こんな一冊 +++
2007/04/14 09:12
図書館戦争 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 「本の雑誌」の2006年上半期エンターテインメント第1位。 ―公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として『メディア良化法』が成立・施行された現代。超法規的検閲に対抗 ...続きを見る
粋な提案
2007/04/16 14:42
「図書館戦争」有川浩
図書館戦争有川 浩 (2006/02)メディアワークス この商品の詳細を見る 公序良俗を乱し、人権を侵害する表現を取り締まる法律「メディア良化法」が施行された日本。 それに対抗するのは、図書館の自由を下敷きに作られた「図書館法 ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2007/04/17 17:52
【書評】「有川浩 / 図書館戦争」の感想。
有川浩 / 図書館戦争 評価: ...続きを見る
いーじすの前途洋洋。
2007/08/20 04:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
続編は2月なんですね。すごい速いペースだ。
有川さんの書く物語、入り込むところで突っかかっちゃうと時間かかりますよね。脳みそをまっさらにして、独特な有川ワールドをひたすら受け入れるようにしてます。
なな
2006/11/11 19:05
このシリーズはいいですよ。って、シリーズとしては二冊なんですが、。ヲタク心と乙女心をくすぐる作品です。2月発売のタイトルはちょっと音韻的に座りが悪いような気がするのですが、ぜひ、それまでにコンプリート目指してくださいね。
すの
2006/11/12 07:14
あっ!これこそザリガニの話で薦めた「パトレイバー」の、まさにそのまんまのノリです。映画版だけで、絶対オススメ!
すの
2006/11/12 07:16
ベタですよねー。ひねり、ないですよねー。予想どおりの展開ですもんねー。乙女心は、そこにやられちゃったんですけど(笑)。
ゆうき
2006/11/12 12:27
そういわれてみればマンガのほうがえらいこっちゃですよねぇ…気付かなかった!まみみさん、すごーい!!(本気)早くコンプリートして、熱く語りましょう!乙女同士!
chiekoa
2006/11/12 12:54
>ななさん
一年で3冊ペースくらいですね、ほんとに速い!いつも世界観にひっかかるあたしは頭固くなってきてるなぁ…とドキドキしてたりします(・_・;)

>すのさん
ヲタクっぽいっていうのは言われるまで気づきませんでした。マジで。でも言われてみたらそうなのかもなぁ…パトレイバーですね。そうだそういえばまだ観てない。探します、ハイ。

>ゆうきさん
ええ、おもしろかったからもうそのベタ展開もOKです!(笑)乙女心にストライクだったってのも、みなさんのご意見で初めて気づく始末で。鈍?それとも天然??

>chiekoaさん
ですよね!もう…あああっ!しかし本でもアレなのがあるのかも。わたしが気づいてないだけで?でもいやしかし!とか。思いまして。。いやでもこの話は何もつっこまず楽しむのが正解だと思います。はい、コンプリート早くできるよう頑張ります!お金できたら買うのも視野に入れて!
まみみ
2006/11/12 15:39
このベタさも、お約束の展開も、すごく気持よかったです〜。
シルエットですが、手塚は背が高い設定だったんで、私もそっちが手塚だと勝手に納得してました。
june
2006/11/12 15:46
シルエット、やっぱり大きいほうが手塚ですよね。小牧教官もそれなりに大きいのかな?と思ってたので混乱しましたが…すっきりしました!
ベタで王道な乙女展開なのに、割とラブに関しては鈍感だったみたいです(自分が)。有川さんの旦那さんと同じレベルかもしれない……。
まみみ
2006/11/12 15:57
かな〜り待ってやっと読めました。
待って読んだ甲斐がありました。
無条件で面白かったです。
続も続々も予約してあるのだけれど
いつになることやら・・・。
早く読みたいです。
ふらっと
2007/04/14 09:12
本屋大賞にノミネートされたことも手伝ってか、さらに人気があがってる感じですからね。続きも期待を裏切らないおもしろさですので、どうぞ楽しんで読んでください!^^
まみみ
2007/04/14 17:43
シルエット、大きいほうが手塚だったんですね。小牧教官と間違えてました。
ベタで王道な乙女展開、ここから始まってたのですね。私の笑いのツボは、なまはげでした(笑)。
トラバしました〜。
藍色
2007/04/16 14:30
だと思うんですけれどね…>シルエット。正解はイラスト描いた徒花さんのみぞ知る、って感じでしょうか?(笑)
いろんなところが笑えてかつ乙女。この絶妙なバランス感覚は有川さんならではですよね^^
まみみ
2007/04/16 16:09
「図書館戦争」 有川浩  今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる