「ハヅキさんのこと」 川上弘美

ハヅキさんのこと
川上 弘美著
講談社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
この人は、きっと少し前に本気の恋をしたんだろうな。なんとなく思った。そしてそれはもう、終わったんだろうな、とも-。虚と実のあわいを描く掌篇小説集。『本』『室内』等に掲載されたものをまとめ単行本化。

掌編小説集なので、ほんとうにごくごく短いお話なのですが、どの作品も上記のとおり虚と実のあわいが描かれてました。川上さんのエッセイっぽい話も混じっていたりして、どこまでが現実にあったことで、どこからが虚構なのかが曖昧だったり。
…エッセイにしても真実そのまんまは書いていないんでしょうが、川上さんはそのへんとても上手ですね。毎度思います。どれもウソとは思えない話を書かれる。

掌編で好きだったのはどれかな。最初の琺瑯のボウルに入るだけの荷物をかかえた女の子との共同生活を描いた「琺瑯」も奇妙でよかったし、屋上で洗濯物を干しているときに出会った男との一日を描いた「ぱちん」の雰囲気も好きだった。最初の物語っぽいのよりも、後半のエッセイのような作品のほうが個人的には好きでした。

今現在結婚していてもしていなくても、恋愛してしまうときはしてしまうんだなあと。川上さんの作品を読むたびに思います。
そして下世話だと思いつつも、作者の川上さんもそう思うことがあるのかな、と思ってみたり。

芥川賞作家の作品とは相性があわない!といいつつ、つい読んでしまう川上作品。
今手元にはもう一冊「ざらざら」もあります。こちらはどんな作品なのかな。

ハヅキさんのこと

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「ハヅキさんのこと」川上弘美

    Excerpt: ハヅキさんのこと 川上 弘美 ページ数が7から8ページの26の短編集。川上さんいわく「エッセイの体裁をとった小説」すごく心地いいです。これは文庫になったら手元に置いておきたいなって思う.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-11-15 23:29
  • ハヅキさんのこと

    Excerpt:  するりするり。そうやって流れては消えゆく物語を、わたしはどれくらい読んだだろうか。その儚さに酔いしれながらも、1つずつそっと、わたしから入っては抜けてゆく物語を。するりと入っては抜けて、淡い色を残し.. Weblog: まっしろな気持ち racked: 2006-11-16 17:46
  • ハヅキさんのこと*川上弘美

    Excerpt: ☆☆☆☆・ ハヅキさんのこと川上 弘美 (2006/09/30)講談社 この商品の詳細を見る ささいな男女の機微、虚と実のあわいを描く掌篇小説集。 そこには、ささやかな日常がある。そして、男.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-01-15 12:39
  • 「ハヅキさんのこと」川上弘美

    Excerpt: ハヅキさんのこと これはツボにはまりました。読んでいて心地よくてずっと読んでいたいって思いながら読みました。淡々としているのに生々しくて濃くて・・って、なんだか言ってること矛盾してますね。とにか.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-01-18 23:05