「ざらざら」 川上弘美

ざらざら
ざらざら
posted with 簡単リンクくん at 2006.11.11
川上 弘美著
マガジンハウス (2006.7)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
あたしはスープをたっぷりとスプーンにすくって、そろそろと口にはこんだ。スープは熱くて、少しだけ泣けた…。愛しい風が吹きぬける、珠玉の短篇小説集。『クウネル』『プロジェクトF』等に掲載したものをまとめる。

『クウネル』の雰囲気は結構好きなんですが、あの本にもしっくりする短編がたくさん入った作品集。最近読んだ川上さんの作品の中でも好きな本です。

どれも好きなんですが、中でも好きだったのはどれかな。
「ラジオの夏」、「びんちょうまぐろ」、「ハッカ」、「菊ちゃんのおむすび」…ってだめだ、これだとあたまから収録作品を読み上げてるだけになってしまう!

インパクトがあったのは、女友だちふたりで‘裸エプロン’を試しにやってみている(←思いついても普通やらないよな)「ときどき、きらいで」。
なんだか昔を思い出したのは、男性不信で彼氏のことも信じられず…な「笹の葉さらさら」。この子の後悔、他人事じゃないです。あああ…(思い出している模様)。

連載した雑誌がスローライフとかスローフードを提唱している(←たしか)からか、この物語たちもゆるやかで、そして話に食べ物が出てくる率が高いです。
川上さんは食べ物をおいしそうに描く名手なので、読んでるといろいろ食べたくなります。
桃サンドとか。奈良に行って釜めしも食べたいよ。ってこんなことばかり言ってるよ、あたし。


日本のどこかで、こういう人たちが自然に生活していて、その断片を垣間見せてくれた…そんなお話たちでした。


ざらざら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「ざらざら」川上弘美

    Excerpt: ざらざら 川上 弘美 主に雑誌「クウネル」に連載されていた短編を中心とした短編集。 「クウネル」時々図書館で借りていたので、いくつか覚えていた話もありました。恋愛、兄弟、親子、同性愛.. Weblog: ナナメモ racked: 2006-11-23 21:15
  • ざらざら [川上弘美]

    Excerpt: ざらざら川上 弘美 マガジンハウス 2006-07-20 マガジンハウスの雑誌「クウネル」などの連載をまとめた恋愛短編集。 なんでこう…居心地というか、読み心地というか、そういうのがこんなに.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2007-01-15 12:13
  • 「ざらざら」川上弘美

    Excerpt: ざらざら 「ハヅキさんのこと」という、短編よりももっと短いエッセイのような短編がすごくよかったのだけど、これも同じようにごくごく短い物語たちがどれもよかったです。川上さんの切り取る物語は淡々とし.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-02-18 16:15
  • ざらざら 川上弘美

    Excerpt: ざらざら この本はふっても、はれても。のびびこさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 あ~。あ~。しまった。 超短編集。。。超短編ってニガテなんです。.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-08-05 12:32
  • 川上弘美「ざらざら」その1「ラジオの夏」

    Excerpt: ぬらぬらで ざらざらいきなり ぱちんかな   久しぶりに川上弘美の本を手に入れた。私の部屋に並ぶ本たちは、私の居場所も追いやるほどに所狭しと溢れ出しそうなので、本来ならば、新しくそこに新入り.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2007-10-05 21:59
  • 川上弘美「ざらざら」その3「ハッカ」

    Excerpt: じょりじょりも 秋の匂いに すうすうと   ところで、原田くんに教えてもらったというハッカの結晶って、一体どんなんだろう。形態そのものが気になる。ハッカ飴は違うらしい。ハッカ飴は知っているし.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2007-10-11 19:28
  • 「パスタマシーンの幽霊」「ざらざら」感想 川上弘美

    Excerpt: 両方ともかなり好きでした。4つ★半―5つ★ Weblog: ポコアポコヤ racked: 2010-12-14 10:33