「レインツリーの国」 有川浩

レインツリーの国
有川 浩著
新潮社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
きっかけは「忘れられない本」。そこから始まったメールの交換。しかし、かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった…。メディアワークス刊「図書館内乱」の中に登場する書籍「レインツリーの国」が実物となった。


読後感は悪くない。
……けど、読んでる最中はイヤな感じに心が乱れまくった作品でした。
なんでなのかなあ。期待はずれ感が満載だったというか……。

あの図書館シリーズの、あの小牧教官がおすすめ!ってのに期待しすぎたから?
相変わらず読書スランプを脱してないから?
恋愛話が好きじゃないから?
呼んでもないのにひねみ&そねみの神が光臨してる模様だから?
いろいろ理由は考えられますが。なんでなのかはイマイチよくわかりません。


本作「レインツリーの国」は、とーっても直球の恋愛小説です。
すでに「図書館内乱」を読んでいたから、内容もなんとなくわかっちゃってました。

個人的に、たいそう勝手な理屈を言わせてもらいますと。作中の登場人物に「とてもいい本だ」と言わしめた作品つーのは、その本編よりも2~3倍おもしろいものであってほしいんですよ、あたしは。
そうじゃないとこっちがそれを読んだときに納得できんというか。
この話は、とりあえずあたしは、図書館シリーズよりも質が落ちるんじゃないかと思ってしまったので……そこが大層残念でした。
有川さんは恋愛モノ苦手なのかな~?前にアンソロジーで読んだ「クジラの彼」なんかは割といいと思ったけどなー。

あああ、なんだかほかの人がいい!って言ってる本を同じように楽しめないと、なんだかちょっとオチますね。どうしたんだあたし!みたいなね。

とりあえずオチた気分は、『独りでできるもん』(森下えみこ)を読んで笑ってちょっと浮上しました。おもしろいですわこれ。

笑いでそねみの神をなだめつつ、本日は寝ることにします…明日はもっと素直な読書ができるよう祈りつつ。

レインツリーの国

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • レインツリーの国 有川浩

    Excerpt: 装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなってい.. Weblog: 粋な提案 racked: 2006-12-20 01:02
  • 「レインツリーの国」有川浩

    Excerpt: 「レインツリーの国」有川浩(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、恋愛、青春、聴覚障害、ネット、ブログ ※少しネタバレがあるかもしれません。しかし作品の感動を損ねることはないと.. Weblog: 図書館で本を借りよう!~小説・物語~ racked: 2006-12-21 20:28
  • 「レインツリーの国」有川浩

    Excerpt: タイトル:レインツリーの国 著者  :有川浩 出版社 :新潮社 読書期間:2007/03/15 - 2007/03/16 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブック.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2007-04-17 21:46
  • レインツリーの国/有川 浩 [Book]

    Excerpt:  有川 浩:著 『レインツリーの国』  レインツリーの国新潮社このアイテムの詳細を見る  先日読んだ 『図書館内乱』に、  この 『レインツリーの国』 が出てきました。  とても素敵な話だよって、 .. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-06-28 02:12