今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「東京公園」 小路幸也

<<   作成日時 : 2006/12/08 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 12

東京公園
東京公園
posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 2
小路 幸也〔著〕
新潮社 (2006.10)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
ファインダー越しに感じてるこの気持ち。これって、ただの好奇心? それとも、もしかして恋? カメラマン志望の大学生・圭司をとり巻く様々な人間模様。柔らかな光を浴びて、ゆっくりと芽吹く恋の物語。


さらりーっと読めた小品でした。
特に山も谷もなく……強いて言うなら『サザ○さん』のような日常を描いた作品。サ○エさんは延々と続く日常が描かれるけど、この作品はその日常の一瞬を切り取った、そんな感じ。

主人公はカメラが趣味で、時間があれば近くの公園に行ってそこに集う‘家族’の写真を撮っている大学生。その彼に「自分の妻と娘の写真を撮ってほしい。彼女たちが公園に行くときにはいつもついていってくれ」という変な依頼が舞い込み…?というお話。

遠くからファインダー越しに、あくまで他人として、接触することなくその母娘を見守る主人公はいつしか単なる被写体として以上の気持ちを抱いているような気がしてきて…というように上記内容説明にはありますが。そんな話だったっけ…?(注:今日読んだばかりです)
この主人公が被写体に恋してるかもしれない、なんてちーっとも思わなかったんですけど。作中の登場人物は皆そう言ってましたが。単にあたしが鈍いだけか?

主人公にあまり強い個性がなくて、周りの脇役の方が印象強かったです。淡々とした生活、淡々とした感情……。恋してるのかも?と思っても、いたって心は平穏というか。
なんでこの子、こんなふうに達観してるんでしょうか。まだハタチそこそこだろうに。もっとどかんと一発ぶちかませよ!若さにまかせて!!(←無責任に煽るオトナ)
いや、あたしは割とこの感覚には同意できるんですが。↑こういう人も多いだろうなとも思います。

なんというか……すごく自分に満足しているというか、まだ迷いとかそんな段階にも至ってないイメージでした。モラトリアムってやつかな?

たぶんこの話は、「自分がしあわせ=誰かもしあわせ 誰かがしあわせ=自分もしあわせ」←これが大切なんですよっていうメッセージがこめられてると思うんですが。
主人公は今の状態が大変幸せそうなので、このまま成長せずに停滞しているのが一番自分も他人も幸せなんじゃ……?そう読んでしまうのは間違いなのかな。

なんというかすごく、イマドキな感じのお話だなと思いました。

おお、書くことないやと思っていたら長くなってしまった。
全体的にとても穏やかなトーンですので、読むと心が静かになります。そんなお話。

東京公園
東京公園

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京公園 小路幸也
カバー写真は広瀬達郎(新潮社写真部)。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。 主人公で語り手の志田圭司は、旭川出身でカメラマン志望の大学生。建築工学を学びながら「家族」を自分のテーマに決めて、公園でくつろぐ家族写真の撮影をし& ...続きを見る
粋な提案
2006/12/09 03:53
▲ 東京公園 小路幸也
東京公園 小路 幸也 ...続きを見る
本を読んだら・・・by ゆうき
2006/12/09 22:33
東京公園   〜小路 幸也〜
母の形見であるカメラを手にし、小学生で初めて家族の写真を撮った 圭司は大学生の今、やはり公園で楽しそうにくつろいでいる 家族の写真を撮り続けている。 いつかはカメラマンになることをぼんやりと思いながら 公園 ...続きを見る
My Favorite Books
2006/12/23 00:18
「東京公園」小路幸也
「東京公園」小路幸也(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、家族、ファインダー、カメラ 小品佳作。そして決して出来がいい作品とはいえない。しかしぼくは、またもや小路幸也にやられてしまった。 小路幸也という作家、最近ブレイク中、売れっ子作家に片足をつっこんでいる。この作品の帯にも書かれているように、下町の古書店を舞台にした家族小説「東京バンドワゴン」[http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/38154417.html ]で、かなり一般... ...続きを見る
図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
2007/01/04 13:04
東京公園*小路幸也
☆☆☆☆・ 東京公園小路 幸也 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る 「幼い娘と公園に出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしい」―くつろぐ親子の写真を撮ることを趣味にしている大学生の圭司は、ある日偶然出会った男か ...続きを見る
+++ こんな一冊 +++
2007/01/30 20:31
東京公園  小路 幸也
東京公園 小路 幸也  07−29 ★★★★☆  【東京公園】 小路 幸也 著  新潮社 ...続きを見る
モンガの独り言 読書日記通信
2007/01/31 00:18
「東京公園」小路幸也
タイトル:東京公園 著者  :小路幸也 出版社 :新潮社 読書期間:2007/02/07 お勧め度:★★★ ...続きを見る
AOCHAN-Blog
2007/03/16 21:18
「東京公園」小路幸也
東京公園 ...続きを見る
本のある生活
2007/03/16 22:49
「東京公園」小路幸也
東京公園小路 幸也 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る まだ自分が小さい頃に死んでしまった母親のことを思うとき、いつも最初に浮かんでくる光景は、一眼レフのカメラを構える姿だった。カメラマン志望の大学生、志田圭司& ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2007/10/13 17:23
東京公園<小路幸也>−(本:2008年5冊目)−
東京公園 出版社: 新潮社 (2006/10/28) ISBN-10: 4104718025 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/01/06 01:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
穏やかで清々しい物語でしたね。私も主人公が年齢の割りに、動揺せずに達観しているのがちょっと疑問だったりしたのですが、小路さんの世界なので、それもありかな、と。貪欲よりもバランスなのが、イマドキなのかもしれませんね。
藍色
2006/12/09 04:13
>藍色さん
あ〜、確かに小路さんの作品は結構こういうタイプの人がよくでてきますね。
自分自身が惑いっぱなしなので、ちょっと嫉妬したかもしれません。わたし(笑)
まみみ
2006/12/09 21:38
いろんな公園が出てくるんですよね。
読んでるだけで
その公園に行きたくなってしまいました。
圭司だけでなく、他の登場人物もなんか
達観してましたね。まだ若いのに。
同じように迷わないで生きていけるようになるには
まだまだ時間がかかりそうです。
す〜さん
2006/12/23 00:20
>す〜さんさん
東京って意外と公園多いですよね。わたしもちょっと行きたくなりました。遠いのでなかなか行けませんが。わたしも達観したいんですがまだまだ。今も迷い真っ最中です!(←エバれない)
まみみ
2006/12/30 22:17
若さにまかせていたら、石田衣良の最近の作品ですよ(苦笑)。若さにまかせない、慎み深い行動、それを助ける気持ちのいい友人たち、そんなお行儀のよさもこの作品のおだやかな空気に合っていたのだと思います。
素敵な一冊でした。
すの
2007/01/05 08:53
>すのさん
ああ、石田さんの作品ってそんなんなんですか……それと比べてしまうとこちらの方が好感度は高いかも。こんな感想書きながらも、こういう世界は大好きです。わたしも一員になりたいな…と。
まみみ
2007/01/18 16:06
たしかに、圭司は年にしては生臭くないですね。
でもこの爽やかさがいいなぁ〜♪
カメラを構えてファインダーの向こうに誰かをみつめている圭司を見てみたいです。笑
ふらっと
2007/01/30 20:37
>ふらっとさん
誰かを見守る圭司を見守る。笑
この本を読んでいるときってまさにそんな感じでした。この世界のやわらかな空気が好きでした〜現実が殺伐としてるからか、この世界に強く憧れます。
まみみ
2007/02/01 20:17
確かに主人公は達観してるし、現状で幸せというか満足してる感じですよね。私もギラギラしないで、こういう静かな心持で暮らしていきたいものです・・。
june
2007/03/16 23:01
いいですよね、この静けさが。最近常に心がなんとなくざわざわしているので余計にそう感じるのかもしれません。いつになったらこんな風に達観できるのかなぁ〜。
まみみ
2007/03/18 19:10
うーん、言いたかったことが↑に書かれてる。同じじゃつまらないもんなあ。困った。
とても静かで、すごく雰囲気がある、この作品が大好きでした。ちゃんちゃん。
しんちゃん
2007/10/13 17:28
ひとと感想がかぶること、ありますよね。だからわたしは自分の書いてアップしてから、ほかの人の見るようにしてます。かぶってももう書いちゃったし!と開き直りの精神で!!
雰囲気ある作品ですよね。主人公よりだいぶ年上なのに、いまだにわたしはバタバタしてます^^;
まみみ
2007/10/15 16:33
「東京公園」 小路幸也 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる