「シュガーな俺」 平山瑞穂

シュガーな俺
シュガーな俺
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.18
平山 瑞穂著
世界文化社 (2006.11)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
2003年に「糖尿病」と突然宣告された著者自身の経験に基づいて執筆されたオートフィクション。日本ファンタジーノベル大賞作家が患者とその予備軍に贈る、世界初の糖尿病小説!? @niftyの連載を単行本化。


うーむ。
小説というよりも日記?嘘を多分に含んだ文章だけど、真実な部分もある…っていうのを「オートフィクション」というのでしょうか。よくわかりませんが。

痩せ型で家系にもそういう要素のまるでなかった主人公が突如重度の糖尿病に!?
そしてその後の闘病生活やら挫折、予期しなかった作家への道など、紆余曲折を経て自分自身の病気を受け入れていく様が描かれています。

おもしろいか?と言われるとよくわかりませんが、非常に興味深く読みました。
うちは家系的にすーごく糖尿病の罹患率が高いので…っていうか、ほぼ100%あたしもなるんじゃないか!?と怯えているので、なったらどんな生活しなくちゃいけないのかとかは、他人事じゃなかったです。た、大変なんだなぁ……。
の割に、うちの父親なんかは結構放埓な生活しててたいしたことなさそうなんだけど。
教育入院までしたというのに!!
中に描かれていた「不真面目な患者」ってのはまさにうちの父のことだと。エエ。
でも酒の飲めない人生など、生きている価値もないと豪語されると家族としてはなんとも言いようがないわけで。
いや、せめて毎日の晩酌はやめて休肝日つくろうよ。って言っても逆切れするし。
どうしたらいいんですか。そういう場合は。

……と本の感想からまたしても大幅にずれていきそうなのでこのへんで。

平山さんが病気にくじけず、これからもよい作品を生み出していかれることを期待してます!

シュガーな俺

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「シュガーな俺」平山瑞穂

    Excerpt: シュガーな俺 平山 瑞穂 三十三歳、会社員の片瀬。異常な喉の渇き、頻尿・多尿、激ヤセ、全身の倦怠感などを感じ、行った病院で宣告されたのは「糖尿病、しかも重度」だった。 平山さんご本人.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-01-28 11:03