「ローズクイーン ふたりはただいま失踪中!」 M・E・ラブ

ローズクイーン
M.E.ラブ作 / 西田 佳子訳 / 大滝 まみイラストレーション
理論社 (2006.6)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
ママはずっと行方不明。パパは3日前に死んだ。ワケアリのあたしたちは髪を染め、ニセのID(身分証明)をにぎりしめて、知らない町を目指した…。NY育ちの姉妹のオシャレで笑えて、ちょっと切ないストーリー。


ああ…なんていうかよくも悪くもとってもアメリカ~な感じの児童文学を読んだなぁ!という気がします。

あらすじはというと。
ママは失踪して(どうやら殺されてしまった模様)、パパも死んでしまった二人の姉妹が遺産を根こそぎもって継母のいるNYから脱走。ヴェニスという田舎町に落ち着くも、そこである女の子の誘拐騒ぎに巻き込まれ、隠さねばならない自分たちの出自まで脅かされることに!?
はたして誘拐騒ぎは解決するのか?そして彼女たちは継母に捕らえられてしまうのか?という息もつかせぬ展開です。

しっかり者の姉と、かわいく元気だけどややヌけたところのある妹のコンビがいいです。当然のことながら足ひっぱり気味な妹の行動でいろいろとピンチに巻き込まれたりはしてますが…どっちかというと、あたしはこの姉の立場に近いので「このバカ妹は!」と姉のサムの心の動きが手にとるようにわかりましたとも。えぇ。

全編通して結構明るいテイストなんですが、やはり両親を亡くし、慣れ親しんだ街を離れたという心の傷は彼女たちをなかなか放してくれません。
ときおり涙を流したり、凹んだりしつつも、それでも前を向いて進むこと。それをしてるこの子たちは強いなあ…としみじみ思いました。今の自分がそれをできていないから余計にでしょうか…。

どうやらこのシリーズは続くようで。
次はチョコレートなんとかっていうタイトルみたいです。また探してみようと思います。

ローズクイーン―ふたりはただいま失踪中!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック