「名もなき毒」 宮部みゆき

名もなき毒
名もなき毒
posted with 簡単リンクくん at 2007. 1.25
宮部 みゆき著
幻冬舎 (2006.8)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
あらゆる場所に「毒」は潜む-。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎が、私立探偵・北見を訪れて出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。現代ミステリー。


「誰か」に続くシリーズらしいです。
某大手企業の広報室に勤める男が、とあるきっかけで調べることになった無差別殺人事件。時を同じくして、勤務先の元アルバイトが巻き起こす騒動にも深く関わることになって…というお話。

この話に描かれる元アルバイトの原田いずみは本当に迷惑な奴だけど、こんな人っているよね。実際。仕事でわけのわからないクレーム言ってくる客だとか。
想像したくないんだけど、今までの経験を思い出してしまったので、読んでいる最中かなりストレスを受けました。
そしてこの女がイヤだと思いつつも、全くその怒りを理解できないかと問われるとそういうわけでもなく。自分ときっぱり切り放してしまえなかったのが、さらなるストレスになったのかもしれない。

このお話では、タイトルにもなってる「見えない毒」がいろんな形で描かれています。
シックハウス症候群だとか、無差別毒殺事件だとか、あと人間の持つ毒などなど……

毒を出すのも人間。受けるのも、それを中和できるのも人間。

かなり重い展開で、終わりも重かったら辛いな~と思っていたのですが読後感は悪くない。さすが宮部さんだなあと思いました。
順番が逆になりましたが「誰か」も読んでみたいと思います。


名もなき毒

この記事へのトラックバック

  • 名もなき毒*宮部みゆき

    Excerpt: ☆☆☆☆・ 名もなき毒宮部 みゆき (2006/08)幻冬舎 この商品の詳細を見る どこにいたって、怖いものや汚いものには遭遇する。それが生きることだ。財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラ.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-02-14 06:45
  • 宮部みゆき【名もなき毒】

    Excerpt: 宮部みゆきの現代ミステリーを新刊で買って読んだのは久しぶりだ。 いろいろなことを忘れてた。宮部みゆきの本を買うと、『大極宮』のパンフレットがはさみこまれてることとか。 (パンフレットによる.. Weblog: ぱんどら日記 racked: 2007-02-14 11:00
  • 妄想キャスティング――宮部みゆき【名もなき毒】

    Excerpt: んー。これは妄想キャスティングが難しい。 私の中では、「ビジュアル的に面白くて妄想キャスティングしやすい小説」があり、「妄想なしで文章を読むだけで心にじわじわ沁みる小説」というのもある。 .. Weblog: ぱんどら日記 racked: 2007-02-14 11:01
  • 名もなき毒 [宮部みゆき]

    Excerpt: 名もなき毒宮部 みゆき 幻冬舎 2006-08 義父が会長を務める財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2007-02-19 12:17
  • 名もなき毒 宮部みゆき

    Excerpt: 名もなき毒 ■やぎっちょ書評 とあるブックオフでこの本を見つけて価格を見てみたら、定価1800円のところが・・・なんと1600円で販売されていました。 家に帰ってからアマゾンのユーズドで注文しま.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-03-07 03:30
  • 「名もなき毒」宮部みゆき

    Excerpt: タイトル:名もなき毒 著者  :宮部みゆき 出版社 :幻冬舎 読書期間:2007/03/23 - 2007/03/27 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2007-04-27 17:17
  • 『名もなき毒』/宮部みゆき ○

    Excerpt: 宮部みゆきさんは、読みたいけど、なかなか取りかかれない作家さんです。というのも、話が複雑に入り組んでたり、登場人物の人物像を捉えるのが相当難しかったり、で・・・。更に言うと、発表作品数もかなり多いです.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-08-01 22:00