「出られない五人」 蒼井上鷹

出られない五人
蒼井 上鷹著
祥伝社 (2006.9)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
東京郊外のビル地下にあるバー「ざばずば」に集う男女5人。だが、突如身元不明の死体が目の前に転がり出たところから、5人に疑心暗鬼が生じる。殺人犯がこの中にいる!? 出るに出られぬ密室の中、緊張感は高まっていき…。

デビュー以来、黒くてどこか哀しく、情けないおっさんを描かせたら右に出るものはいないんじゃないかという蒼井さんの書き下ろし作品です。

某作家(故人)が愛したバーがなくなるのを機に、追悼オフを企画、それに参加した5人。最初は和気藹々とした雰囲気なんですが、途中死体が出てからなんだか何かがおかしくなっていきます。それぞれの人に、それぞれの「警察に通報したくない、このオフを終わらせたくない」理由があって、死体を見つけたその出来事からなかったことにする?との気運が高まり……さらにそこに、また別の登場人物が出てくることになってさらにややっこしいことになっていきます。

こういうややこしい話、蒼井さんって好きなんだな。そしてこのハナシもやっぱり酒がらみだし。蒼井さん自身、酩酊作家になりたいのか?中島らもさんを敬愛してるって言ってるしなぁ。

はじめから最後まで舞台はバー「ざばずば」なので、これは舞台劇にしてもおもしろいんじゃないかなーと思いました。
死体が出てるし、殺人犯がいるかもしれないのにその場所は密室状態。パニックになりそうなこんな状況を、緊迫感なく受け入れているこの5人の妙さ。
……やっぱりそれは酔っ払ってるからなんですかねえ。すごいな、酒の力!!(←違う)

蒼井さんの作品は「ハンプティ・ダンプティは塀の中」を読めば今のところコンプリート!それも手持ちであるので、読むのが楽しみです。

出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー

この記事へのトラックバック

  • 出られない五人*蒼井上鷹

    Excerpt: ☆☆☆・・ 出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー蒼井 上鷹 (2006/09)祥伝社 この商品の詳細を見る 地下の密室にワケあり5人 死体、闖入者(ちんにゅうしゃ)、そして謎のガシャ.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-03-15 20:21
  • 「出られない五人」蒼井上鷹

    Excerpt: 出られない五人―酩酊作家R・Hを巡るミステリー (ノン・ノベル) 蒼井 上鷹 JUGEMテーマ:読書 東京郊外のビル地下にあるバー・ざばずば。ビル改装工事の為、バーがなくなる前日に店の常.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-11-23 20:36