「〈新釈〉走れメロス」 森見登美彦

〈新釈〉走れメロス
森見 登美彦著
祥伝社 (2007.3)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
あの名作が、京の都に甦る!? 異様なテンションで突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、5つの傑作短編を収録。若き文士・森見登美彦の近代文学リミックス集。

たくさん読んでいるように見えて、実は古典はからっきしなわたし。なのでこの短編集で読んだことあるのは、教科書に載っていた「山月記」と「走れメロス」だけだったりします。あとは名前は知ってるんだけど…という程度。そんなでしたが、十分楽しめました。でもたぶん、元ネタを知ってたほうがより楽しめるんだろうなあ。授業でねちねちやったおかげで記憶に結構残ってた「走れメロス」が一番笑えたように(いや、ネタ的にも一番笑えるんだけども)。

いつもと変わらぬ森見節で、京都の街を駆け巡る変わった物事や人々が描かれてます。5つの短編は独立しているようでいて、実はリンクしていて…って最近流行りのアレだったりするわけですが。前作やその前にもリンクをかましていたりするのであなどれません。
京大って本当に詭弁論部、あるんだろうか……。

すらすらっと読んでしまいましたが、これは一度原作を読んで改めて読み直し…ていうのをやってみたい本です。

新釈 走れメロス 他四篇

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのトラックバック

  • 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

    Excerpt: 新釈 走れメロス 他四篇森見 登美彦 (2007/03/13)祥伝社 この商品の詳細を見る 近代文学を森見風に独特の文体でアレンジ。 そして場所は京都の街。 時代も現代で、出てくる人物はやっぱり.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-03-31 16:38
  • 新釈走れメロス他四篇 森見登美彦

    Excerpt: 装幀はchutte。装画は山本祐布子。 「小説NON」2005年10月号から2007年3月号まで不定期掲載をまとめた短編集。 ・山月記・原作中島敦(既読) 孤高の大学生、斎藤秀太郎が大文.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-04-04 03:27
  • 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

    Excerpt: タイトル:新釈 走れメロス 他四篇 著者  :森見登美彦 出版社 :祥伝社 読書期間:2007/08/07 - 2007/08/09 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | .. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2007-10-04 18:03
  • 「新釈 走れメロス 他四篇」森見登美彦

    Excerpt: 新釈 走れメロス 他四篇 「山月記」「藪の中」「走れメロス」「桜の森の満開の下」「百物語」の5つの名作短編のうち、「山月記」と「走れメロス」しか読んだことありませんでした。どれも有名なのに実は内.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-12-06 21:37
  • 『【新釈】走れメロス 他四篇』/森見登美彦 ◎

    Excerpt: 森見登美彦さんが、京都を舞台に日本近代文学を翻案?!そこに描かれるのは「腐れ大学生」なのか。「魑魅魍魎」なのか?! ・・・いや、サスペンスじゃないから。どっちかて言うと、コメディですから。 しっか.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2008-04-27 00:23