今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎

<<   作成日時 : 2007/03/07 19:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 10

フィッシュストーリー
伊坂 幸太郎著
新潮社 (2007.1)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
あの作品に登場した脇役達の日常は? 人気の高い「あの人」が、今度は主役に! デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。

最近流行りの「サイドストーリー」的物語。
4つの短編それぞれが、既刊作に出てきた誰かが主人公になってるそうです。
なってるそうですって、読んだんだろお前。という突っ込みがくるでしょうから弁明しますと。伊坂さん、好きなのになぜか既読本の記憶がうろ覚えでして。特に人名が。
だからこの作品たちも「見たことある名前だよなぁ」くらいなレベルで読んでました…それでも十分おもしろいんですけど。この作品から伊坂氏に入っても別に問題ないですもんね。

たぶん読み手それぞれでどの作品が好き!ってのが分かれるかもしれませんが、個人的には表題作の「フィッシュストーリー」が一番好きでした。
あとは「ポテチ」→「サクリファイス」→「動物園のエンジン」の順かなあ。
「フィッシュストーリー」の構成の見事さにはうなりましたよ……さすが伊坂先生!
あとこの話に出てきた‘あの曲’をぜひとも聞いてみたくなりました。
届いてるよー届いてるよ。ここにもあそこにも!!

相変わらずの伊坂節を堪能いたしました。うまいなーやっぱりなー。
ページ数が多くてもすごく読みやすいし、しかもおもしろいし。
こんなにうまくてなんで賞がとれないのか、と(←やっぱりそこに帰結する……)。
ねぇ。

フィッシュストーリー
フィッシュストーリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
装画は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。 過去の伊坂作品に登場した脇役たちが主人公に。デビュー第1短編から最新書き下ろし(150枚!)まで加筆修正の中短編集。表紙を開くと、作品タイトルについて「陽気なギャング」でおなじみの“ ...続きを見る
粋な提案
2007/03/08 01:09
伊坂幸太郎【フィッシュストーリー】
伊坂幸太郎は仙台を舞台とする小説を多く発表しているが、中には仙台でないものもある。仕方ないけど結構さびしい。 ...続きを見る
ぱんどら日記
2007/03/08 10:41
フィッシュストーリー [伊坂幸太郎]
フィッシュストーリー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-01-30 「動物園のエンジン」「サクリファイス」「フィッシュストーリー」「ポテチ」の四作品が収録された、短編集です。 ...続きを見る
+ ChiekoaLibrary +
2007/03/08 12:01
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
フィッシュストーリー 伊坂 幸太郎 ...続きを見る
ナナメモ
2007/03/09 19:33
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
「フィッシュストーリー」伊坂 幸太郎新潮社2007-01-30¥ 1,470[勝手に評価:★★★★(5点満点)]読書期間:2日 ...続きを見る
Chiro-address
2007/05/10 15:26
「フィッシュストーリー」伊坂幸太郎
タイトル:フィッシュストーリー 著者  :伊坂幸太郎 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/11 - 2007/05/14 お勧め度:★★★★ ...続きを見る
AOCHAN-Blog
2007/07/02 21:55
『フィッシュストーリー』/伊坂幸太郎 ◎
皆様、明けましておめでとうございます。今年も是非によろしくお願いいたします。 さて、久し振りに、伊坂幸太郎です。いやぁ〜、ホント読み応えがありますねぇ、伊坂さんは。まだ数作しか読んでないんですが、あちこちで登場人物が関係し合ってるんですよね。それを発見するのが、結構面白いです。 水無月・Rが好きなのは『オーデュボンの祈り』の主人公の伊藤青年が好きなのですが、出てきましたよ〜!まあ、ちょろっと人の話題に出てきた程度ですが。伊藤青年は、あの天然ボケっぷりがいいですよね〜♪ それだけで『フ... ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2008/01/06 22:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も伊坂節、冴えてましたね。
好きな順番はまったく同じです!。あの曲、聞いてみたいですよね〜。まみみさんが作曲(復元?)してバンド演奏、という妄想が(笑)。
最後の著書一覧13作品(出版社つき)を見て、文藝春秋が出してた『死神の精度』が、あの賞の狙い目だったのかも、と思いました(悔しい)。
藍色
2007/03/08 01:06
うぉ、作曲ですか!?むずかし〜…けど、たしかにあのバンドの曲とあたしの好みは結構近い感じなので、いつか何年後かには可能かもしれません。夢としてもっておきます^^
死神の精度もいい作品でしたのにね〜ほんとにね〜……
まみみ
2007/03/08 08:53
ほんと、ああいう「ぐるっと」な構成モノを書かせたら天下一品ですわ、伊坂さん…!うっとりでした。もう次の新作こそねらいますよ!あれもこれもそれも!
chiekoa
2007/03/08 12:04
ね、上手ですよね。わたしもうっとりいたしました……。そう、次こそはっ!次がなかったらもうどこに怒りをぶつけてよいやらっっ!!
まみみ
2007/03/09 04:28
伊坂節、お見事でしたね。
惚れ惚れします。
私も「フィッシュストーリ」とあと「ポテチ」に出てくる人たちが伊坂さんらしくて好きでした。
なな
2007/03/09 19:34
久しぶりの伊坂作品だったからか、予想以上に楽しみました^^わたしは一番「チルドレン」が好きなんですが、あのテイストに近かったからかなぁ。ほんと、楽しかったです。
まみみ
2007/03/10 04:11
こんにちは。
私は初伊坂氏でした〜。
でも、確かに楽しめましたよ。
私はポテチが一番好きです。
全体的に爽やかで読みやすいですね。
chiro
2007/05/10 16:15
こんにちは、chiroさん。初伊坂氏がこの作品とは、なんと豪華な。この作品からさかのぼって、いままでのいろいろを読むのも楽しいかもしれませんね。
他の作品はさわやかばっかりでもないんですが…まあそれが「味」なので。ぜひぜひ既刊作もどうぞ♪
まみみ
2007/05/19 22:57
まみみさん、こんばんは(^^)。
「フィッシュストーリー」の積み重なり絡み合って物語が進んでいく様は、非常に爽快でした。
久方ぶりに読んだのですが、やっぱり伊坂作品は良いですね〜。他の皆さんからはかなり遅れたタイミングでしたが、読んでよかった!と心から思います。
「動物園のエンジン」で伊藤青年(オーデュボンの主人公)が出てきて喜んだのは、私ぐらいでしょうか…?
水無月・R
2008/01/06 23:52
水無月・Rさんこんにちは^^
伊坂作品って読まなかった時間をものともしないようなおもしろさがありますよね。頭の中で膨らんでいる期待感にも応えてくれますし。
…「動物園のエンジン」で出てきた伊藤青年、ちっとも覚えていないのですが(汗)、いつか伊坂作品の間の人間模様を覚えたい気持ちでいっぱいです。
まみみ
2008/01/08 14:33
「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる