「エスケイプ/アブセント」 絲山秋子

エスケイプ アブセント
糸山 秋子著
新潮社 (2006.12)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている-。いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実。気鋭の作家のみごとな深化を示す、響きあう2篇の「双子」小説。

+ChiekoaLibrary+のchiekoaさんに「読み始めたらイッキですから!」と言われて読み始めたら、なるほど一気に読めました。リズムがものすごくいい。ぽんぽんと出る言葉につられてぐいぐい読みすすめられます。

主人公は長年活動してたことをすっぱりと辞めて、妹の仕事を手伝うことにした中年のおっさん。その人が次の仕事をするまでの間、ひたすら自由にふらふらと生きる様子を描いた「アブセント」。
そして、その「アブセント」の主人公と、ある意味とても重要なかかわりをもつもう一人を描いた短編の「エスケイプ」の二編が収録されてます。

内容について特に言いたいことはないんですが(ないんかい)、主人公がやたらかっこいいなぁ。こんなおじさん、近くにいたらちょっとだけでいいからお近づきになってみたいものだ。
この主人公に限らず、糸山さんが描く男の人ってなーんかかっこいいんだよね。モデルがいるのかなあ。それとも糸山さん自体が男前なのかしらん。
あーあとやっぱり京都行きたい。京都。また自分内「京都に行ったら行きたいところリスト」に場所がいくつか追加されました。

芥川賞受賞作家は相性があわないんですが、糸山さんはなぜか読んでしまう…それはこの作品にも流れる、どことなくロックなテイストが好きだからかと思います。

「ワイルドサイドを歩け」の曲が、読んでる最中頭の中を回ってました。
そうそう、あえてワイルドサイドをね。歩いた方が人生、大変だけど楽しいよね。
いかすおっさんの日常。垣間見たかったらこの一冊です。


エスケイプ/アブセント

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • エスケイプ/アブセント 絲山秋子

    Excerpt: 装幀は池田進吾(67)。初出「新潮」2006年11月号。 エスケイプ・・・闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。主人公で語り手の江崎正臣四十歳の、二00六年夏。故郷、仙台にいる妹のや.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-03-11 13:15
  • 「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

    Excerpt: エスケイプ/アブセント 絲山 秋子 元職業革命家の〈おれ〉こと江崎正臣を語り手にした一人称の中篇小説「エスケイプ」と、その中で正臣がしきりに気にかける〈あいつ〉を主人公にした三人称の短.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-03-11 20:38
  • エスケイプ/アブセント [絲山秋子]

    Excerpt: エスケイプ/アブセント絲山 秋子 新潮社 2006-12 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている。旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。あ.. Weblog: + ChiekoaLibrary + racked: 2007-03-13 11:14
  • 「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

    Excerpt: エスケイプ/アブセント これ、文章はまぎれもなく絲山さんなんですけど、知らずに読んでいたらおっさん、いえ男性の書いたものだと思いそうです。革命家をやめた男の視線というか独白が読ませます。あいかわ.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-03-29 15:23
  • 「エスケイプ/アブセント」絲山秋子

    Excerpt: タイトル:エスケイプ/アブセント 著者  :絲山秋子 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 闘争と潜伏.. Weblog: AOCHAN-Blog racked: 2007-06-14 22:58
  • エスケイプ/アブセント

    Excerpt: 嫌いじゃない。 40歳の活動家。 ほぼ同じ年なんだけど、 この年代の活動家ってあまり聞いたことがないな。 自分の大学でも自治活動はあったけど、 革命や過激派や闘争紛争なんてのは過.. Weblog: My Favorite Books racked: 2007-06-17 21:16
  • エスケイプ/アブセント 絲山秋子

    Excerpt: エスケイプ/アブセント ■やぎっちょ書評 絲山さん久々です。 いきなりクライマックスからですが、本当なら和臣の物語をもっとぐーっと書いて、第3部で2人が会うかどうかすれ違うのかっ!という展開が正.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2008-01-14 22:41