「半分の月がのぼる空 5」 橋本紡

半分の月がのぼる空 5
橋本 紡〔著〕
メディアワークス (2005.9)
通常24時間以内に発送します。


内容(「BOOK」データベースより)
穏やかな日々が、僕と里香に訪れようとしていた。葛藤や迷い、そして苦しみを乗り越えた末にようやく掴んだ、当たり前の日常。それはなによりも大切なぬくもりだった。僕たちはこれから、肩を寄せ合って生きていくんだ。そんなある日、僕は夏目に病院を連れ出された。向かったのは、静岡県浜松市。かつて里香が、夏目が、過ごした場所だ。そこで僕を待っていたのは―。ちょうどそのころ、山西の下らない陰謀により、司とみゆきは大変な事態に突入していたのだった。橋本紡&山本ケイジが贈る、大好評シリーズ第五弾。

これ、あれか…もしかしてヒロイン、いわゆる「ツンデレ」系か…?
5巻も読んでて今更気づいたわけですが(←遅)。

病弱ですごい美少女なこのヒロインが、なぜ特にぱっとしない主人公に心魅かれてるのか今までよくわからなかったんですが。
なりふりかまわず頑張ってたり、かっこ悪くてもだせぇなと思っても、必死でこの子を大切にしたい!と思ってる気持ちが通じたってことなんでしょうね、きっと。ほだされたっつーか。

最初ほんとにグダグダだった主人公が、この巻まで来るとちょっとかっこよく見え出すから不思議ですね。橋本マジック?

今までで一番劇的な展開がない巻でした。…ラスト除いて。
夏目が主人公の覚悟を確かめてみたり、ハタ迷惑な同級生・山西が考えた余計なプランのせいで芽生え始めた恋心めいたものが描かれてみたり。
でも展開がないからといって、読んでてつまらないかと言われたらそういうこともなくてですね。あたりまえの日常のありがたさ、みたいなものがしみじみ感じられるような、そんなお話でした。

5巻目なわけですが、話はここで一段落してます。
というか、もうここで終わってもいいんじゃ?ってくらいハッピーな感じで終わってます。
これ続きが出てるってあとがき読んでないうっかりさんは知らないかもしれんよな。

あとがきによると、本編はどうやら6巻で終わるようです。
さらに8巻のあとがきを読んでみたところ、8巻ですべてが終わってるようです。
あと3冊。このラノベっぽくないラノベを読んでみようと思います。

半分の月がのぼる空〈5〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック