「ミーナの行進」 小川洋子

ミーナの行進
ミーナの行進
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4. 9
小川 洋子著
中央公論新社 (2006.4)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
美しくて、か弱くて、本を愛するミーナ。あなたとの思い出は、損なわれることがない-。懐かしい時代に芦屋の屋敷で育まれた、ふたりの少女と家族の物語。『読売新聞』連載を単行本化。

なんだかこの本の帯部分のみなさんのコメントで、すでにわたしが言いたいことはほとんど言われてしまっているので。特に書くことがないんですが……

あらすじは、というと、母親の仕事の都合で、兵庫県の芦屋の屋敷に預けられることになった朋子。その預けられていた一年間はまるで宝石のような日々で…という話。
特に大きな事件があったりするわけではないんです。でも、この淡々とした穏やかな日常がこれだけ色鮮やかに、かつ優しく描かれていて読み手を惹きつけます。
うれしかったこと、悲しかったこと、ドキドキしたこと、そのたいろいろ。
朋子にとってのこの一年は、たぶん生涯を通してひかり続ける記憶となるんでしょう。

神戸の須磨や三宮、大阪の梅田など、今自分が住んでいるところが舞台だったので余計に感情移入して読めたところがあるのかもしれません。
この時代の、こののんびりとした生活…わたしも一年だけでいいから送ってみたいものです。

昔はよかったって、過去ばかり振り返って生きているのは後ろ向きな感じがしますが、過去の素敵なこと、好きだったことを大切にしていくっていうのはいいですよね。
自分自身の「そういう時代」を、このお話を読んでいると思いだしてしまいます。

わたしの幼少期の黄金時代をすごした場所も、すでになくなっているのですが。
古い古い社宅でした。今はお金持ちの住む高級マンションに建て替えられてしまってます。
でも、その楽しかった、素敵だった記憶が色あせたり、薄汚れたりすることはありません。
あの当時を思い出すと、いつも幸せな気持ちになります。

幸福な記憶は、人生の支えになる。
そんなことを教えてもらったような気がします。おすすめの一冊です!

ミーナの行進

この記事へのトラックバック

  • ミーナの行進 小川洋子

    Excerpt: 装幀・装画は寺田順三。 岡山在住で主人公で語り手の朋子は、1966年に父親を亡くした後、母親が東京の専門学校で1年間洋裁の勉強することにしたため、1972年、中学1年生の4月から翌年3月まで、芦.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-04-14 02:50
  • ミーナの行進*小川洋子

    Excerpt: ☆☆☆☆・ ミーナの行進小川 洋子 (2006/04/22)中央公論新社 この商品の詳細を見る 美しくてか弱くて、本を愛したミーナ。あなたとの思い出は、損なわれることがない――懐かしい時代に育ま.. Weblog: +++ こんな一冊 +++ racked: 2007-04-14 09:16
  • 「ミーナの行進」小川洋子

    Excerpt: ミーナの行進 小川 洋子, 寺田 順三 1972年。ミュンヘンオリンピックが開催された年。中学生になった朋子は単身東京で裁縫の勉強する母と別れ、伯母の家に1年間お世話になる。従妹のミー.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-04-15 19:16
  • 「ミーナの行進」小川洋子

    Excerpt: ミーナの行進 はじめのうちは、今は亡き王国の話を読んでいるような、うそうそとした寂しさが漂っているように思えて、読んでいてなんだか寂しかったんです。でも、主人公の少女朋子の過ごす1年を読むうちに.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-04-16 12:26
  • 『ミーナの行進』 小川洋子

    Excerpt: 『博士の愛した数式』と同じくらい、 ゆっくりとじんわりと心に沁みる、物語。 淡々と、そして優しく過ぎてゆく日々。 でもそれは、決して色あせることのない、 宝物のようにきらきらといつまで.. Weblog: *モナミ* racked: 2007-06-15 19:11
  • ミーナの行進 小川洋子

    Excerpt: ミーナの行進 この本はふわごこちのゆかさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 オススメ頂いたのはかなり前なんですよね。ほんぶろの小川洋子さんのところで皆.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-06-26 17:10
  • 2007年を回想してみたら

    Excerpt: どうもこんにちは。あっという間に年末ですな。 去年はあわあわしててできなかった、今年を振り返って記事です。 優柔不断な性格ゆえにベスト10冊!とかできないので、10冊に留まらずよかった本をずらりと.. Weblog: 今日何読んだ?どうだった?? racked: 2007-12-31 11:58