「半分の月がのぼる空 6」 橋本紡

半分の月がのぼる空 6
橋本 紡〔著〕
メディアワークス (2006.2)
通常24時間以内に発送します。


内容(「BOOK」データベースより)
ついに退院した里香は、僕と同じ学校に通うことになった。正真正銘のスクールライフを送る日がやってきたんだ。いっしょの登校、いっしょの校庭、いっしょの下校。帰りに七越ぱんじゅうを買ったりしてさ。なんでもない、ありふれた日常だけれど、長い道を歩いてようやくたどり着いたのがそこだった。そう、僕たちが生きていく場所は病院じゃないんだ。当たり前の場所で、当たり前の生活を送る日々が、本当に大切なこと―。“僕たちはこの小さな町で寄り添って生きていく”橋本紡&山本ケイジが贈る、大好評シリーズ第六弾!本編完結編。


なんだかんだで本編完結。
…いやぁ、最初にすごくテンションの低い感想を書いてのけていたわけですが、なかなかどうして。よいシリーズだったと今は思います。
他の橋本さん作品と比べてみても、やっぱり代表作はこれと言っても間違いないと思うくらいきれいにまとまってました。

5巻で終わってよかったんじゃ?とも書きましたが。
これ、6巻があってよかった。
何よりも司とみゆきの関係が!も、モヴェエェエエエエェ!(←萌?)
ああそうさ。簡単なやつと笑いたいやつは笑うがいいさ。
だってさー、最初の方のあの展開から、こうくると読めた人がいますか、ええっ?
この二人にはぜひとも幸せになってもらいたいもんです。
ていうか、たぶんわたしが祈らずとも幸せになることと思いますが。

全体的な感想は、上記内容説明ですでに語られてしまっているわけですが…
今までの話は本当に生きるか死ぬか、みたいな暗い話だったんですけど、今手に入れてる日常に関するお話です。大きな事件もなにもなく、当り前の日常の大切さ。
そして平凡な日常だからこそわきあがってくる不安。第2話の「器とかキャパシティとか」で語られた、山西をはじめとする登場人物の繊細な「未来についての悩み」がそれを如実に物語っているかと。
読んでてつい自分の未来についても思いを馳せてしまいましたね…本当に大丈夫なのか、と。
未来って希望と同時に不安もあるよね。悲観的な思考回路だから余計にでしょうか。


このお話は、橋本さん自身の「選ばなかったもうひとつの可能性」について描かれてるのかなーと思ったりもしました。
たぶん橋本さんは上京されてると思うんですけど。故郷の伊勢市にとどまっていたら、裕一と里香みたいに生きていた可能性もあるんじゃないかと。
そんなこんなも含めて描かれているんじゃないかなと、ふと考えました。

6巻、読みすすめてる最中にはいろいろありましたが。読んでよかったと思います。
残りの7、8巻はサイドストーリーらしく。あと2冊、楽しんで読みたいと思います!

半分の月がのぼる空〈6〉

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック