今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鹿男あをによし」 万城目学

<<   作成日時 : 2007/04/30 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 10

鹿男あをによし
万城目 学著
幻冬舎 (2007.4)
通常2-3日以内に発送します。


内容説明
「さあ、神無月だ−。出番だよ、先生」 2学期限定で奈良の女子高に赴任した28歳の「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令とは!? ユーモアがちりばめられた渾身の書き下ろし。


帯に書かれた言葉があまりに絶賛口調なため、ややヒキ気味に読み始めたんですが。いやーおもしろかったです。マキメさん、こういう破天荒な話書かせたらすごいですね。

とある事情で奈良の女子高に赴任した先生が、奈良公園の鹿から話しかけられ、その現実を直視できたかできないかってときに下された指令。そして失敗。そして下される罰。そしてー
と息をもつかせぬ怒涛の展開。
戦いあり、ラブロマンスあり、ユーモアあり、ファンタジー要素も多分に含んでいて、でもどこかしら「坊ちゃん」(夏目漱石)風という、ね。このわけのわからなさよ。
そしてまたしても、鴨川ホルモーに引き続いてまたしても、こんなにわけがわからない感じなのに、きちんと主人公の成長物語にもなってて、そこがもう。すごいの一言っていうか。

途中に張り巡らされた伏線がまた絶妙で、それがするすると解消していく様子はとても気持ちがよかったです。ああ、それはそういう…!!というすっきり感があるっていうか。
終わらせ方も見事で、こりゃもう文句がつけられませんな。

もうちょっと歴史に、そして奈良の地理に詳しかったらもっと楽しめたかなぁとそこが残念なんですが。
一度この本を片手に奈良観光、してみたいもんです。
高校の修学旅行以来かれこれ15年近く行ってないもんなー。
そして当時は「また奈良かよ(中学の時の修学旅行も同じだったので)」と思ってましたが、たぶん次行くときは。新鮮に、かつ能動的に楽しめると思います。

楽しい読書時間でした。

鹿男あをによし
鹿男あをによし

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「鹿男あをによし」万城目学
鹿男あをによし万城目 学 (2007/04)幻冬舎 この商品の詳細を見る 大学の研究室に籍を置くおれに、ある日教授から話しがあると呼び出された。 二学期から年内いっぱいまで高校教師をしないか、という話だった。 おれは奈良& ...続きを見る
しんちゃんの買い物帳
2007/05/02 17:22
鹿男あをによし   〜万城目 学〜
『鴨川ホルモー』で大ブレイク!(個人的にですけど) 舞台は京都から奈良へ。 卑弥呼の謎まで飛び出して、 鹿男は頑張ります。 ...続きを見る
My Favorite Books
2007/05/08 19:39
「鹿男あをによし」万城目学
鹿男あをによし 万城目 学 ...続きを見る
ナナメモ
2007/05/17 21:34
【鹿男あをによし 】 万城目学 著
1800年のロマン「ス」・・・!? ...続きを見る
じゅずじの旦那
2007/06/24 10:24
「鹿男あをによし」万城目学
タイトル:鹿男あをによし 著者  :万城目学 出版社 :幻冬舎 読書期間:2007/05/21 - 2007/05/22 お勧め度:★★★★★ ...続きを見る
AOCHAN-Blog
2007/07/04 21:59
鹿男あをによし/万城目学
『鴨川ホルモー』に次ぐ、三都シリーズの第2弾…といっていいのか解らないけど、前作の京都に続いて今回は奈良が舞台。そして奈良といえば鹿と大仏。このうち前者が大きなカギを握ります。 ...続きを見る
黒猫の隠れ処
2007/08/03 11:06
「鹿男あをによし」万城目学
「鹿男あをによし」 万城目 学 幻冬舎 2007-04 勝手に評価:★★★★★  ねえ藤原君、「あをによし」って知ってる?何ですか急に。いやね、生徒から知っているかと訊かれて、何だそれ?って返したらずいぶん馬鹿にされてね。え?知らないんですか先生?知らないよそんな言葉。そりゃあいけません、奈良に来て「あをによし」を知らないのはいけません。  鹿除けか何かのおまじない?和歌の枕詞ですよ、「たらちねの」なら「母」と来るように、「あをによし」なら「奈良」と来るわけです。どういう意味よそれ?... ...続きを見る
Chiro-address
2007/08/22 19:39
「鹿男あをによし」万城目学
鹿男あをによし ...続きを見る
本のある生活
2007/12/26 14:56
鹿男あをによし (万城目 学 )
玉木宏主演のドラマがはじまる前に、 読んでしまおうと思っていたのですが 間に合いませんでした。 ...続きを見る
花ごよみ
2008/01/28 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
まみみさんは修学旅行かー。
うちは大阪なので遠足の定番でした。
春日大社も飛鳥も、げっ!またか、でした。
今読むと懐かしいですね!
しんちゃん
2007/05/02 17:26
そうか、関西在住だと遠足で行くんですね。その「またか」の部分だけ一緒でしたね^^
ほんとしばらく行ってないんで、また行ってみたいです。奈良健康ランドもぬかりなく!(笑)
まみみ
2007/05/04 20:30
そういえば、私も高校の修学旅行は京都・奈良でした。かれこれ…何年前か書くと悲しくなるのでやめます。
シカ、お煎餅を持ってるとお辞儀するんでしょうかね?それだけでも確かめたい。
なな
2007/05/17 21:36
あ、ななさんも同じルートをたどったんですね!わたしも遠い昔なので…細かいところは忘れまくりです。そしてシカにはおせんべやってなかった記憶が。お辞儀するの確かめたいですよね。それだけしに奈良、行きますか?行ってみちゃいますか??(←お誘い)。
まみみ
2007/05/19 23:12
そんなお誘い受けちゃったら、むくむく「その気」が湧き上がります。
ついでに鴨川辺りも散策して…いいですねぇ〜
今年の家族旅行は京都辺りを企画して、私は別行動で…
なな
2007/05/20 08:35
おお、乗ってくださるとは!それでは具体的に話、詰めます?
しかしその家族旅行はあまりに哀しいのでちょっとお誘いするのに気が引けたりもするのですが(笑)。
奈良、京都ツアーほんとにしたいですね!また有志を募りましょう!!
まみみ
2007/05/24 22:04
伏線の回収は見事でしたねぇ。
気付いてたのも、そうでなかったのも、絶妙な感じでピタッと嵌っていくので、気持ち良かったです。
私は奈良の鹿に会ったこと無いので、ぜひせんべいをあげたいです(笑)。
chiro
2007/08/22 18:41
本当に見事!としか言いようがなかったです。この細かいところは見逃さないヤな性格のわたしが言うんですから間違いないかと(笑)
奈良の鹿、在住の友達に言わせると「性格悪くてヤなやつら」らしいです…群がってくると怖いとも。行くときは覚悟をしっかりと!!
まみみ
2007/08/23 00:04
こんなわけのわからない設定を、よくぞここまで素敵なお話にしてくれたマキメさん、すごいです。
実は奈良が好きなんです。今年のうちの年賀状の写真は春日大社の鹿と子供たちの3ショットでした。でも確かに、しかせんべいに群がってきた鹿は怖かったです。危険を感じました。
ホルモーあをによしツアー、参加希望です。ってあまりにも時期を逸したコメントですね(涙)。
june
2007/12/26 14:53
たいそうおもしろいのに、あらすじは書きにくい作品でした。これでしたっけ、来年ドラマ化されるのって。キャストも気になりますが、やはり台本が重要です。うまく編集してくれるといいのですが。ツアー、自分で言っておいて放置しまくってます。季節のいいころに今更ながら…と前置きして旅行したいですね^^
まみみ
2007/12/29 23:21
「鹿男あをによし」 万城目学 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる