「半分の月がのぼる空 3」 橋本紡

半分の月がのぼる空 3
橋本 紡〔著〕
メディアワークス (2004.9)
通常24時間以内に発送します。


内容(「BOOK」データベースより)
里香の深刻な病状を知ってしまった以上、僕はもう単純に笑うことなんてできなかった。でもさ、だからこそ僕はむりやり笑うことにしたんだ。里香のために。里香に笑ってもらうために。やがて里香が写真を撮ってほしいって言いだした。しかも学校に行きたいなんてことまで。僕は里香の望みをかなえてやろうと、父親の形見のカメラを持ちだし、幼馴染からセーラー服を借りて、みんなと学校へ向かった。一日だけのスクールライフってわけだ。里香はもちろん喜んだよ。彼女の笑顔は最高だった。だけど、そういう幸せな日々がいつまでも続くわけがなかったんだ…。


「もうくじけそうです、先生!」
と、どっかの先生(←誰)に呼びかけたくなるくらい読み進めるのに苦労した3冊目。
気分変えようと、「野生時代」とか「ユリイカ」読んで一日間あけてみたんですが…またしてもこの破壊力。やられてしまいました。

ベタな話といえばベタな話だと思うんですよ。えぇ。でもそれにこんなに心揺さぶられてしまうのは一体どうしたことですかねぇ。

3冊目のこの作品は、写真を撮ってとせがむ里香に負けて、クソ親父の遺品のカメラを手にいろんなところで里香の表情を撮影するー学校に潜入して生活指導の先生とのバトルがありーの、そこに3回目のマスクマンが登場しーの…このあたりが唯一のわらいどころ?…プロレスネタが理解できてりゃもっと笑えたんだろうに。そこがちょい悔しいっす。

そして事態は展開、また展開してまたしても暗い‘ヒキ’で4巻に続くんですが。
どうなるんだろうなぁ、これ。続き読むのが怖いよ!
でもamazonの内容紹介ちょっと読んだら「そこまで書くか?」ってくらいねっちりした紹介されてて、最悪の結果は免れてるっぽいことは判明。うむ。

登場人物がさらに増え、それぞれの抱えてるものも微妙~にあらわになってきてます。
そのへんの展開も気になるところ。

ううん……一応4巻まで手に入れてはいるのですが。続きをすぐ読むか、ちょっと他の本で口直し(言い方ヒドイ?)するか。考えてみたいと思います。


半分の月がのぼる空〈3〉wishing upon the half‐moon

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック