「少年検閲官」 北山猛邦

少年検閲官
少年検閲官
posted with 簡単リンクくん at 2007. 4.30
北山 猛邦著
東京創元社 (2007.1)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
旅を続ける英国人少年クリスは、小さな町で奇怪な事件に遭遇する。町中の家々に赤い十字架のような印が残され、首なし屍体の目撃情報がもたらされる-。書物が駆逐されてゆく世界の中で繰り広げられる、少年たちの探偵物語。


表紙絵のかわいさにだまされて読むと、結構グロい描写もアリでびっくりなお話。

作者の創り出す世界がわりと独特で、慣れるまで結構時間がかかったんですが…こういう雰囲気が好きな人はたまらないんだろうな。という、とても雰囲気のあるお話でした。
なんていうんだろうな、こういうの…ご、ゴシック調?(←よくわかってない模様)

えーと。
内容は、ホームズ風のミステリーです。
謎があって、みんなが騒いで、それをよそから来た人が鮮やかに解決してみせる。しかもたった1日かそこらで。というような。
これ読者で、自力で解決できた人っていたんかなぁ。
なんだか「そんな理由で人、殺しちゃいますか?そんなに??」感が強かったような。
うーん、しかしこの世界だとそれもアリなんだろうか。
なんだか作者にうまくしてやられた感じがします。

この探偵役だった「少年検閲官」と、主人公のクリスの物語はどうやらこれからも続くんじゃないか?という終わり方ですが。どうなるかなぁ。そこまで人気、でるかなぁ。

少年検閲官

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 少年検閲官 北山猛邦

    Excerpt: COVER ILLUSTEATION:片山若子。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。東京創元社ミステリフロンティア。 2002年、『「クロック城」殺人事件』で第24回メフ.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-05-14 02:38