今日何読んだ?どうだった??

アクセスカウンタ

zoom RSS 「海」 小川洋子

<<   作成日時 : 2007/07/27 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

海
小川 洋子

新潮社 2006-10-28
売り上げランキング : 164393

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容説明
キリンはどんなふうにして寝るんだろう−。『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界の素晴らしさを伝えてくれる短編集。

久しぶりの小川洋子さんです。‘本のある生活’のjuneさんのブログを見て気になったので借りてみました。穏やかで、静かで、でもきちんと生きて生活してる人たちを描いた短編集です。「銀色のかぎ針」と「缶入りドロップ」にいたっては数ページの作品で、もはや掌編ですね。こんなに短くてもきっちり小川さんのカラーが出てるところはさすが、と言えましょう。ってなんかエラそうだな。

内容にいきます。

ミョ〜に記憶に残ってしまったのは…3編目の「バタフライ和文タイプ事務所」ですか。固い仕事を描いてる話なのに、やたらエロティックなんですよね。なんなんだろう。最初はそういうものを想起させる単語が出てきても「まあ論文とかに書かれてるもんだしな」と思って気にも留めてなかったのに、主人公が職場の人に恋をして(ですよね?)、たまに邂逅してるシーンがもう!なんでこんなエロく感じるんだ、あたしは男子中学生か!?と思わず自分ツッコミをかましたくなるようでした……なんなんすかね、ほんと。他の作品がエロと対極にあるから、余計に目立ったんでしょうか。

もちろん他の作品も好きでした。「海」に出てくる主人公の恋人の弟のちょっと変わってて、でもひそやかで静かな生活は素敵だと思ったし、「風薫るウィーンの旅六日間」では偶然同室になったおばあさんに旅行の最中つきあわされてる主人公が滑稽で、でも無視できない人の好さに共感してみたりして。「ひよこトラック」の主人公と大家さんの孫の言葉を介さない交流も温かでやさしくて好きだったし、「ガイド」の主人公の男の子の奮闘もけなげで応援したかったです。

クラフト・エヴィング商会さんが装丁をてがけているんですね。なるほど。表紙の雰囲気が「78」に似てると思ったのも間違いじゃなかったんだな。あと今回読んで初めて、お話の雰囲気が吉田篤弘さんの書かれるそれと似てるなぁと思いました。なんとなく、ですけど。

返却日を気にして大慌てで読んでしまいましたが、もっと腰を落ち着けて、じっくり読んでみたかったお話でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海*小川洋子
☆☆☆☆・ 海小川 洋子 (2006/10/28)新潮社 この商品の詳細を見る キリンはどんなふうにして寝るんだろう-。 『新潮』掲載の表題作ほか、「博士の愛した数式」の前後に書かれた、美しく奥行きの深い全7作品を収録する。この世界 ...続きを見る
+++ こんな一冊 +++
2007/07/28 13:51
「海」小川洋子
...続きを見る
本のある生活
2007/07/30 12:59
「海」小川洋子
海 小川 洋子 ...続きを見る
ナナメモ
2007/07/31 00:01
『海』/小川洋子 ◎
『夜明けの縁をさ迷う人々』を読んだ時に、【今日何読んだ?どうだった??】の麻巳美さんにお勧め頂いた、小川洋子さんの『海』。 麻巳美さんのお勧めなら間違いなし〜!と期待満々で読みました。 ・・・おお〜、素晴らしい!これはいいです、ホントに。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2008/10/23 22:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
いろいろな「旅」を感じさせられる一冊でした。
一作ずつテイストは違うのにトータルでは同じにおいを感じながら読みました。
ふらっと
2007/07/28 13:55
ああ、確かに。なんか「旅」にまつわるお話が多かったですね。言われるまで気付いてませんでしたが…。
全編通じて小川さんの静かで穏やかな雰囲気(におい?)が感じられる素敵な作品集でした。
まみみ
2007/07/30 00:27
自分の名前が他の方のブログの記事の中に・・って、いつまでたっても慣れません。今日も思わず「おおっ!わたしだよ!」と興奮してしまいました^^;

これはもう、ゆっくりじっくりひたって読みたい本です。なのに私もだーっと読んじゃいました。図書館本だとどうしてもそうなってしまいます・・。
それにしても「バタフライ〜」はエロティックでしたよね。私も読んでいて赤面してしまいました。確かに読んでいるときの私は男子中学生のようだったかもしれません(笑)。
june
2007/07/30 13:05
「バタフライ…」はエロかった(言い方まで中学生な私)って意見に賛成です!
今回も小川さんの書く、この世界とはちょっと違った場所って雰囲気にやられました。
なな
2007/07/30 23:52
>juneさん
えへへ。使わせていただきました。やはり他の方のブログは参考になります!はずれがあまりないですもん。いつもお世話になってます〜。

せっかくのいい作品集を、いつものようにガツガツ読んでしまって後悔しきりです。今度読むときはもっとゆっくり読みたいです。「バタフライ〜」は…ほんとに。赤面ものでした。特に赤裸々な性描写なんてないのに。不思議です。
まみみ
2007/08/01 22:50
>ななさん
「バタフライ…」みなさん同じ感想なようで(笑)中学生なななさんにも笑いました^^
小川さんの描くこの雰囲気、いいですよね。「ミーナの行進」とか「博士の愛した〜」とか、ここ最近の作品は特にはずれがない気がします。さあて、次は何を読みましょうか。
まみみ
2007/08/01 22:52
麻巳美さん、こんばんは(^^)。
お勧めいただいて即行、読みましたッ!
いや〜、素晴らしいです〜。
ほのかに暖かく、優しい物語がとても心地よかったです。
「バタフライ和文タイプ事務所」、淫靡ですよねぇ〜(笑)。思わず赤面。そして自分に「お前は思春期男子か!」とツッコミを入れてました・・・。あ〜良かった、お仲間はたくさんいたんですね(笑)。
水無月・R
2008/10/23 22:50
>水無月・Rさん
こんばんは。さっそく読んでいただいてうれしいですー^^小川さんの世界観がよく表れててすてきな短編集ですよね。
読んで結構経つもので、「バタフライ〜」の詳細は忘れているものの、とにかく変に淫靡だった、てことだけ覚えてるんです(笑)。そうそう、仲間は結構いますよ。自信もってください(←って何に?)
麻巳美(まみみ)
2008/11/02 21:01
「海」 小川洋子 今日何読んだ?どうだった??/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる