「シー・ラブズ・ユー」 小路幸也

シー・ラブズ・ユー
小路 幸也著
集英社 (2007.5)
通常24時間以内に発送します。


内容説明
四世代のワケあり大家族が営む古書店「東京バンドワゴン」。赤ちゃん置き去り騒動、売った本を一冊ずつ買っていくおじいさん…。古本と共に舞い込んだおかしな謎をラブ&ピースに解決する、涙と笑いの下町ホームドラマ。


以前読んだ「東京バンドワゴン」の続編です。
細かいところはいつものごとく忘れてて、雰囲気だけを記憶にとどめていたんですが、読み始めたらすぐに「この空気」がよみがえってきて、あとはぐいぐいと読めました。
相変わらずいろんなことが巻き起こる、下町のとある古本屋さんが舞台になっているわけですが、みな元気で家族同士助け合って…でどんなことも乗り越えてくこの姿勢はいいですね。というか今この日本で四世代家族ってどれだけいるんだろう……

前と同じく、全体を通して一昔前のホームドラマへのオマージュになってるわけですが。前作よりもミステリー要素が減って、よりそれっぽくなってきたような気がします。いや一応それぞれ事件が起こってるんですが。「それってミステリー?」ってな感じが多かったかなあと。

あと、仲の良い家族なんだけど、昔はいろいろあったんだな(そしてこれからもあるんだろうな)って感じさせてくれるあたりが、リアルな感じでそこもいいなと。なんだっけ、外国の言葉で「洋服箪笥にしゃれこうべ」だっけ?これだけじゃよくわからないと思いますが(当然)、どの家族にも秘密のひとつやふたつあるんだよってな、そういうのがちゃんと描かれてます。
最後の方も意味深だしね。「え?!もしかして今後あの人も家族に…?」みたいな。

どんどんにぎやかになっていく堀田家から、今後も目が離せなさそうです。

シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン」小路幸也

    Excerpt: シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小路 幸也 「東京バンドワゴン」を読んでからちょうど一年。ブログに書いていたから古本屋とカフェ。4世代の家族、語るのはおばあさんなんて事は覚えていまし.. Weblog: ナナメモ racked: 2007-07-10 23:18
  • 「シー・ラブズ・ユー」小路幸也

    Excerpt: シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン小路 幸也 (2007/05)集英社 この商品の詳細を見る この本は買えば良かった。サイン本を売っていたのに、前作を持ってなかったのでスルー。 いまさらですが.. Weblog: しんちゃんの買い物帳 racked: 2007-07-15 18:08
  • シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小路幸也

    Excerpt: イラストレーションはアンドーヒロミ。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「東京バンドワゴン」の続編。 冬―百科事典は赤ちゃんと共に:くり貫かれた祖父の形見と置き去りの小夜。 春―恋の沙汰も神頼.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-08-03 06:26
  • 「シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン」小路幸也

    Excerpt: シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 小学生の頃、夢中で見ていたホームドラマを思い起こさせるこの雰囲気は、やっぱり好きです。シリーズ2冊目をずっと楽しみにしていました。 なのに、花陽とすず.. Weblog: 本のある生活 racked: 2007-08-04 01:05
  • シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン<小路幸也>-(本:2008年2冊目)-

    Excerpt: シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン 出版社: 集英社 (2007/05) ISBN-10: 4087753778 評価:85点 東京バンドワゴンの続編。 すずみと青が新婚旅行から帰.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-05 00:47
  • シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン(小路幸也)

    Excerpt: 「東京バンドワゴン」の続編。 Weblog: Bookworm racked: 2008-01-24 13:55
  • シー・ラブズ・ユー―東京バンドワゴン

    Excerpt: JUGEMテーマ:読書 東京バンドワゴンの仲間たちが帰ってきた! 東京下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」で繰り広げられる、涙と笑いの物語第2弾!今日も「古本」と「家族」にまつわる事件が持ち込まれ.. Weblog: ぼちぼち racked: 2008-07-04 21:22